僕の股間が聖剣でカワイイ姫騎士が抜いてくれた。

作者 三八式物書機

6

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?