第19話 のちの悪役女帝と剣奴隷とステーキ ③

 エイルはふらふらと歩いていた。 おぼつかない足取り。


 それは当然の事だ。突如として現れた武人 アルスとの一騎打ち。


 そのダメージは疲労としてエイルを……いや、違う。


 単純に正座して怒られたのだ。 足元がおぼつかないのは、長時間の正座でしびれているからだ。


 それはもう……くどくどとリンリンに怒られたエイルだった。


 「当たりまえです。軍の司令官が前線に躍り出て、一騎打ちなんて軽々しくやらないでください! え? いいえ、重々しくも一騎打ちをしないでください。禁止です、一騎打ち絶対禁止ですよ!」


「わかりましたから、そろそろ戦い勝利のご褒美を……私が捕えた捕虜を見に行かせてくださいね」 

 

「むむむ……すこしだけですか……「わぁい!リンリン大好き!」」


「ごほっ! そんなに強く私を抱きしめないでください!」


「お、溺れ死ぬと思いました」といつものやり取りを終えると、エイルは牢屋に向けて駆け出した。


 痺れた足で駆け出したものだから、勢いよく転ぶ。 それでも勢いよく立ち上がり、再び転ぶ……と2、3回繰り返し。


「その情熱をもっと、他の事に……」というリンリンの言葉は最後までエイルには届かなかった。


牢屋……と言っても、立派な物ではない。


なんせ、敵地に遠征してきたのだ。簡単に作れる物だ。


本来、捕虜というのは戦争で捕えた後、身代金と交換。


相手が貴族ならば、その金額は平民が一生遊べるものになる。


なので、捕虜は一度自国に連れ帰るため移動式になっていて、馬に引かせるための車輪すらついている。


「これどうしたの?」とエイルは近くにいる牢番に尋ねた。


アルスが捕えられている牢には布がかけられ、光が閉ざされていたのだ。 

   

「は、はい」と緊張を隠せず牢番は


「中にいる捕虜が近づく者がいれば、凶悪な視線と罵詈雑言を向けるので、猿ぐつわを噛ませ、視線を遮っているのでございます」


それを聞いたエイルは愉快そうに笑う。


「さすが私に捕らえられた猛将ね。そのくらい狂暴じゃないと、調教のやりがいがないわ」 


「ちょ、調教ですか? この捕虜を!」


「そうよ? 前例がないわけじゃないでしょ? 捕虜に身代金が払われず、捕えた者の戦利品になるって事も」


 それは、払えられない身代金を請求して、奴隷にする気満々という意味だと牢番は気づき、若干震えている。 


「う~ん、私の捕虜としては……華がないわね」


「は、華ですか?」と聞き返す牢番の兵。


「そうね、布を深紅の物に変えて、牢番も増やしなさい。 あと、かがり火も周囲を囲むように……ね?」


「は、はい。すぐそのように!」


 駆け出した牢番に「急いで……いえ、ゆっくりでいいわよ!」と声をかけるエイル。


 「さて……2人きりになれましたね」と勢いよく布を取り除いた。


 「ん?」とアルスは眩しい表情を見せ、睨みつけるようにエイルを見る。


 「あぁ、そうね。猿ぐつわされているって言ってたわね……これじゃ会話を楽しめません」


 アルスは、猿ぐつわと言っても布ではなく、木の棒を噛ませられていた。


 それから「……」と無言だが目では、何を言っていやがる? この女と答えている。


 エイルは、それに気づいているのか、気づいてないのか……


 「さて、今日から貴方は私の物になります。 忠誠を誓いなさい。されば、帝国の将として相応しい対応を与えましょう」


 しかし、アルスは首を横に振り、拒否する。


 「そうですか……でもでも、よく考えてください。 連邦は帝国に、私に負けたのですよ? 多くの領土は帝国の物になるでしょうね。 そうなった時、貴方と親しい者たちはどうなるでしょうか?」


「……」とアルスは無言であるが、その怒気が増していくのがわかる。


「貴方の両親も、兄妹も、恋人も、親友も、先輩も、後輩も、先生も、お近所さんも……まさかと思いますが、妻とか、恋人はいませんよね?」


 ギシっと何かが軋む音。 それが連続して聞こえてくる。


 その音はアルスからのようだが……


 咬筋力。 口を閉じる筋肉が徐々にではあるが、口に詰められた木の棒を破壊していき、ついには――――


 「上等だ! てめぇ! ここで首を刎ねられようとも、その細首を噛みちぎってやる!」


 しかし、エイルは、その怒気を受け流すように立ち、凛とした声を発する。


 「なぜ、死に急ぐのです! 親しい者の凌辱を前に怒りを見せるなら戦いなさい」


 「―――ッ!? 何を言う! 戦えだと!」


 「帝国の将がいやならば、戦うべき敵は私が用意します。勝利に勝利を重ね、私が満足した時に貴方を開放してさしあげます」

 

 「だから、何を言っていると聞いている!」


 「剣奴に堕ち、底辺から私の元へ。その時、再び私と戦うチャンスをあげましょう」


 「――――上等じゃないか。 俺の親しい者の安全を担保に、アンタを楽しませるためだけに生きろって意味だろう?」


「あら? 意外と理解が早いのね。でも、それだけではありませんよ?」


「なに?」


「死に急ぐように戦い貴方に、生きてるって実感を与えるのも面白そうっておもったのです」


「ふん、面白い事を言う」とアルスは言葉を続ける。 


「そう余裕ぶっているのも今だけさ。 アンタ、俺の主人になったんだろ?」


「えぇそうよ。 ご主人様と呼んでみてくださりません?」


「俺の主人を名乗りたいのなら――――」


「名乗りたいなら?」


「飯と食べさせろ」


 アルスは、そういうとギュルギュルとお腹を鳴らせた。 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る