●●してもいいことになっている

作者 辻野深由