待ち望んだのは

作者 斉賀 朗数