黙示録戦争後に残された世界でたった一人冷凍睡眠から蘇ったオレが超科学のチート人工知能とともに文芸復興を目指す物語。

作者 あっちゅまん

59

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作は現代から5千年後(或いは56億7千万年後)、遠い未来に復活を果たした主人公の物語です。
天使と悪魔の大戦により人類の文明は完全に崩壊し、新しい種族と秩序が形成されています。家族も友人も疾うに失われた世界で主人公を待っていたのは、彼の身近にあったコンピューターや道具の超進化した姿でした。
長き時を経て培われた力で新しい世界に挑んでいく、いわゆる仲間が強いタイプの無双もののようでもありますが、主人公にも何やら強化が施されているようです。
作中の地名や人名などには、神話や古代史をモチーフにした用語がふんだんに使われてますので、伝承や文明崩壊、メガテン系が好きな方には特にお薦めです。

★★★ Excellent!!!

トラックに轢かれて目覚めたから異世界転生だと思っていた、主人公のジン。
だけど実際は永遠とも呼べる長き眠りについていた。その人工冬眠から目覚めたジンの目の前には、彼を創造主と敬畏する者達がいたのだ。
一度世界は終わり、新たに創造された世界に目覚めたジンはその従者(下僕)たちと共に、この新たなる世界での冒険を繰り広げていく!!
是非、ご一読あれ~~!!