春過ぎて、夏の少女は夜を走る

作者 狭倉朏