FILE5 惨殺 7

 走る。

 惨殺は走る。

 どこへ向かっているかもわからない。

 いつからか流れ始めた涙は頬を伝い、顎まで達して落ちてゆく。

 こういうとき、同じ年頃の少年少女はどうするのだろうか。

 父や母を、呼ぶのだろうか。

 だとしたら――惨殺は誰を呼べばいい?

 父は自分を溺愛していたけれど、もう殺人鬼になってしまった以上、頼ることなどできない。

 母はけっして助けてくれないだろう。そもそも自分の生んだ子でさえない、愛する者を奪った女の子供なのだから。

 だったら――本当の母親は?

 本当の母親だったら、今の自分を、助けてくれるのだろうか?

 すべてを赦し、受け入れ、抱きしめてくれるだろうか?

 否。

 無理だ。

 たとえ本当の母親がいたとしても、今の自分を赦すことなどできないだろう。

 だって、自分は殺人鬼なのだから。

 殺人鬼は、赦されるべきではないのだから。

 人を殺すことは、悪いことだから。

 だから、惨殺は呼んだ。

 自分を赦し、受け入れ、抱きしめてくれるであろうひとの名前を。

「――――鷹姫さんっ!」

 綺麗で、美しくて、憧れで。

 彼女を呼ぶことさえも間違いであることは承知の上で、彼女の名を呼んだ。

「鷹姫さん! 鷹姫さん! 鷹姫さん!」

 ぼくを赦してください。

 ぼくを受け入れてください。

 ぼくを抱きしめてください。

 ぼくを――愛してください。

 いつからか住宅街を抜け、様々な店舗が並ぶ商店街を抜け、大きな河原へと辿り着いていた。

 青々とした草花が生い茂り、傾斜はなだらかだ。

 泣き疲れ、走り疲れた惨殺は、座り込んだ。

 泣き疲れても涙は止まらないし、走り疲れたから息は完全に上がっている。

 流れる涙は拭っても拭っても溢れてくる。

 何故人間は感情が昂ると涙が出てくるのだろう。

 涙なんて枯れてしまえばいいのに。

 ぼくなんて、いなくなってしまえばいいのに。

「――――――」

 遠くで大きな声でなにかを叫んでいる人がいる。

「――――!」

 だんだん声は近付いて、叫ぶ内容も明瞭になってくる。

「――さつっ!」

 いいなぁ。

 ああやって、誰かに名前を呼ばれるのは、羨ましいなぁ。

「ざんさつっ!」

 ――え?

「惨殺!」

 叫び声の内容は、惨殺を呼ぶものだった。

 まさか普通の家庭で、子供に『惨殺』などという物騒な名前をつける親などいないはずだ。

 つまり、あの声は、ぼくを呼んでいるのだ。

 思わず、惨殺は立ち上がった。

 走った疲れはまだ癒えていなかったが、それでも奮い立たせて、立ち上がった。

「惨殺っ!」

 声の主は、毒殺だった。

 顔の口元を覆うガスマスク。ぼさぼさの髪。くたびれたシャツやジーンズの上に白衣を羽織っている。

「毒殺さん?」

「惨殺!」

 立ち上がった惨殺に気付き、小走りを本格的な走りに移行した毒殺は、すぐに惨殺に駆け寄った。

「大丈夫か?」

「毒殺さん、毒殺さん」

「うん、どうした?」

「どうしてぼくがここにいるって……」

 最初は気丈に振舞って、なんともない風を装いたかったが、毒殺を見たら安心して、また涙が溢れてくる。声も涙交じりになってしまう。

「見てたんだよ、お前が誘拐されるとこ。俺はお前がほっとけないから、見てたんだ」

「見てたなら、助けてくださいよぅ」

「馬鹿言え。すぐに走り出した車を追いかけられるわけがないだろう」

「それはそうだけど……」

「でも、ちゃんと見つけられてよかった。誘拐犯、殺したんだな」

「殺しました。だって、ぼくは、殺人鬼だから……」

 自らを殺人鬼と自称したら、毒殺になにか言われるかと思ったが、毒殺はそんな無粋なことは言わなかった。代わりに、惨殺の目線に自分の目線を合わせて、軽く抱きしめた。

 背中を優しく撫でたりぽんぽんと叩いたりした。

 それは、惨殺が、ずっと欲していた優しさだった。

「そうだな。お前は、殺人鬼だ。お前は殺人鬼で――俺の同胞だ」

 毒殺の言葉もまた、惨殺が欲していた言葉だった。

 誰かと繋がっていること。

それが、惨殺の一番欲しいものだったのだ。

「帰るか、屋敷に」

「……はい……」

 惨殺は涙をこらえた鼻声で、小さく頷く。

 殺人鬼になる前にはなかった、『ただいま』を言える家へ、帰るのだ。


 ◆◆◆


 午後三時になる少し前。

 惨殺と毒殺は、謀殺の住む屋敷、その一室に設置されているソファに座って話をした。

「お前、本名はなんていうんだ?」

「毒殺さんこそ、本名はなんていうんですか?」

 問いを問いで返された毒殺は首を傾げた。

「ない。俺はもう死んだことになってる人間だからな」

「へえ」

 だったらぼくも教えません。

 と、意地悪く言ってみたものの、やっぱり気が変わって、惨殺は口を毒殺の耳元へ寄せた。

「菊池氷太です」

「ふうん。教えないんじゃなかったのか」

「気が変わったんです」

「子供の気移りは激しいな」

「当たり前です。子供なんですから」

 くすくすと笑い、再び柔らかなソファへ身を沈めた。

「菊池氷太……、菊池、菊か」

 毒殺は誰にともなく呟いてから、惨殺へ向いた。

「お前のコードネーム、『惨殺』はな、前にもそういう殺人鬼がいたんだよ」

「へえ?」

「そいつはもう死んじまってる。だからお前は二代目の『惨殺』なんだ。俺はあまりお前のことを『惨殺』と呼びたくない。呼びたくないから、お前のことは別の名前で呼ぶけど、いいか?」

「…………ぼくに似ている人って、その人ですか?」

「そうだ」

「ふうん」

 毒殺は惨殺を通して前の『惨殺』を見ている。

 父親も、菊池氷太を通して不倫相手を見ていた。

 似ているように見える構図だが、しかしこのふたつには明確な違いがあるように、惨殺は感じた。

 少なくとも、毒殺は惨殺と前の『惨殺』とを割り切って見ているようだ。

 そうでもなければ、別の名前で呼ぼうなどと発案したりしないはずだ。

「キク」

 毒殺はくまだらけの目元だけで笑って、惨殺の頭を撫でた。

「これから、俺はお前のことをキクと呼ぶが、異論は?」

「ないです、毒殺さん」


 ◆◆◆


 こうして、美少年は人生の憧れを見つけ殺人鬼となり、帰る場所を得た。

 どんな悲惨な終わりを迎えようと、きっと彼は殺人鬼と成ったことを悔やむことはないだろう。

 美少年の一生はこれからも続いていく。


                              FILE5 惨殺 完

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

殺人記 巡ほたる @tubakiya

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ