FILE5 惨殺 5

「――それが一週間前のことです。どうです? 鷹姫さんは素晴らしい人でしょう? たとえこれが一ヶ月後、一年後、十年後の出来事になろうとも、ぼくはけっしてあの時のことを忘れないでしょう」

 かつて菊池氷太を名乗っていた殺人鬼――惨殺は、そんな風にはにかんだ。

 ほんの数分前、遊殺の獲物を譲り受けた惨殺は、再び地下室に放置されていた『それ』に向かって、『殺戮家』尾鷲鷹姫と自分が出会い、自分が殺人鬼になる過程を語っていた。

「……ちゃんと聞いてます?」

「…………………」

「聞いていないとは、まったく、失礼な人ですね」

 ぼくが語る彼女の話を聞かないだなんて――そんな耳、必要ありませんものね。

 と言ったと同時に惨殺は『それ』の耳を切り落とした。

 悲鳴は聞こえない。

「………………」

「…………ありゃ?」

 返事も悲鳴もないのは無理からぬことだった。『それ』はとっくに、生命活動を停止していたのだ。

 死んでいた。

 死んでいる。

 その亡骸を一通り検分して、惨殺は、

「なあんだ、死んだなら死んだって言ってくれたらいいのに……」

 と、唇の端をいびつに歪め、目を細めた。

 美少年である彼がどれだけ顔を歪めようと、その美しさにはけっして影は差さない。

 どうであろうと美少年。

 返り血で彩られてさえ、彼は美少年であり続ける。

「……惨殺」

「はい?」

 呼ばれたから返事をした。

 そのあとに振り向く。

 振り向いて、見る。

 そこには、長身の、口元に大きなガスマスクを装着した男が立っていた。

「えっと……」

 誰だろう。

 惨殺のことを『惨殺』と呼んだのだから、殺人鬼クラブのメンバーに違いないと思うけれど、惨殺はその男に初めて会ったように記憶している。

 記憶していた通り、惨殺とその男とは、初対面だ。

「えっと、お前がその、惨殺、で、いいんだよな」

「……はい、ぼくは殺人鬼クラブの同胞、惨殺ですが……貴方は誰です?」

「俺は……毒殺という」

「毒殺さん」

 ああ、謀殺がそんなような殺人鬼がいることを教えてくれたように思う。

 確か、毒を用いて人を殺す、毒殺専門の殺人鬼。

「初めまして」

 とびきりの笑顔を作って、毒殺に向かう。

 大抵の人間なら、これだけで惨殺に好印象を抱く。

 そのせいで危険な目に遭ったこともあるが、人間関係において優位に立てることは確実だ。

 しかし毒殺は、「………………」と、なんの返事もしなかった。

「あの、毒殺さん?」

「……殺戮家に憧れて、殺戮家の薦めでクラブに加入したらしいな」

「え……はい、その通りですけど」

 なんだ?

 なにが言いたい?

 まさか「このクラブにお前は相応しくないから即刻立ち去れ」とでも言いたいのか?

 そんなことを言われたとしても、殺戮家――鷹姫の薦めで加入した殺人鬼クラブを抜けるつもりは一切ない。

 鷹姫の言葉は絶対なのだ。

「『惨殺』……そのコードネームは、誰から授かった?」

「謀殺さんと鷹姫さんが、ふたりで考えてくれました」

「ふうん」

 毒殺は壁にもたれて、けだるげに惨殺を見据える。

 観察するかのように、鑑定するかのように。

「よく殺戮家に憧れたもんだ」

「は?」

 それは――冒涜か?

 殺戮家――鷹姫に対する。

 だとしたら、許せない。

「そう睨むなよ。美少年が台無しだぜ」

 あくまでもけだるげに、あくまでも無気力に、毒殺は言う。

「お前は俺の知っている奴と似ている。ぼんやりしたその目で、一体なにを見ているのかわからなくて、そのくせ殺し方はこれ以上なく残忍だ。人をどう殺せば一番苦しむのか理解しきっている」

「だとしたら……どうするんですか。ぼくを殺人鬼クラブから追い出すんですか?」

「そんなことはしない」

 断言と言っていいほど、力強く、毒殺は否定した。

「俺にはそんな権限ないからな」

 だけど。

「そんな権限があったら、使いたいとは思う。お前を、殺人鬼クラブから追い出したいと思う」

「はっきり言いますね」

「うやむやにはできないことだからな」

 黒く澱んだ瞳で惨殺を捉え、毒殺は惨殺ではない誰かを、惨殺を通して見ているかのようだった。

「ぼくが、嫌いですか」

「嫌いじゃない。だからと言って好きというわけでもない。さっきも言っただろう。お前は俺の知っている奴と似ている」

 だとしたら――。

 だとしたらそれは、目障りだと言っているようなものではないか。

 せっかく鷹姫に殺人鬼クラブという場所を与えられたというのに、それさえ奪われたら惨殺にはもうなにも残らない。

 殺人鬼クラブに入るために、家族を捨てて。

 殺人鬼クラブに入るために、過去を捨てて。

 殺人鬼クラブに入るために、未来を捨てた。

 殺戮家に認められるために、どうでもいいもの、すべてを捨てた。

 もう惨殺には、殺人鬼として生き、殺人鬼として死ぬしか道がない。

 それでもいいと思ったからこそ、すべてを捨てたというのに、この男は――毒殺は――それを否定した。

 誰に似ているかは知らないが、勝手に比較されるこちらの身としてはたまったものではない。

 誰かに似ている、何かに似ているという言葉は、けっして褒め言葉足り得ないのだ。

 似ているからなんだというのだ。オリジナルではないと貶しているのか。

 父親が――そうだった。

 父親は、惨殺を通して、かつての浮気相手を見ている。

 かつての浮気相手を愛している。

 愛している側からすれば問題ないのかもしれないが、愛されている側は地獄を見ている。

 だってそれは、自分自身を愛してくれたことにはならないのだから――!

「睨むなって」

 毒殺は惨殺の視線から逃れるために、右手を掲げて視線を遮った。

「俺はお前を死なせたくないだけだ」

「何故死ぬことが前提なんです?」

「こんな世界は、死ぬことでしか逃げることができないからだよ」

「ぼくは死にません」

「いいや、すぐに死ぬ。死ななかったとしても、死んだほうがいい状況に陥ることになる」

「死んだほうがいい状況って?」

「子供には言えないことだ」

「貴方はぼくを子供だと言うんですね」

「子供だろう?」

 目を細めて、見下すがごとく毒殺は惨殺をねめつけた。

 惨殺も負けじと、力いっぱい睨みつける。

 しかしこの状態は、惨殺よりも毒殺に軍配を挙げるべきだろう。

 別に勝負をしているわけではないけれど、ムキになっている時点で、惨殺は毒殺に勝てないことを露呈してしまっている。

 それを感じ取れないほど鈍感ではない惨殺は、すぐに目を逸らし、逃げた。

「どいてください」

 と、毒殺を押しのけて。

 地下室から出て行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る