第8話 お泊り会~こころからのSOS

『夜もすっかり更けてからのことだ。

 とんとんと、誰かに寝袋の上から叩かれて、私は目を覚ました。

 さくらだった。

 寝袋から出て、寝間着姿のまま、私の上へかがみこんでいる。

 どうしたの、と聞こうとすると、さくらが唇に指を当てた。

 それからついてこいとでもいうように、手を振って、視聴覚室の入口のほうへ歩きだした。

 私は寝袋から抜けだして、後を追った。

 渡り廊下のところで、私はようやくさくらに追いついて尋ねた。

「さくら、どうしたの?」

 さくらが振り返り、じっと私を見つめた。

「絆」

 声の調子が、いつもと違った。

 凛として、透き通っていて、どこか懐かしい感じがした。

 さくらが手を差しだした。

 てのひらに、あの指輪があった。私がなくした、こころのお兄さんの指輪。

「もうなくさないでね」

 私は信じられない気持ちで、指輪を受け取った。

「これ……拾ってくれていたの? でも」

 なぜさっきまで黙っていたのだろう。一緒に探したのに。

「他の人に知られるわけにはいかなかったから。この学校には、いろいろな人達が来ているから」

 私は唾を飲みこんだ。

 違う。この話し方には記憶がある。

「……こころ……?」

 さくらはかすかに微笑んだ。

 やっぱり、分かってくれたのね、とでもいうように。

「どういうこと? 変装でもしているの?」

「この子は、<メッセンジャー>なの」

「メッセンジャーって?」

「脱魂者と言われる体と心の結びつきがゆるい人たち……私は未来から、この子の体を借りて話している」

 こころは、未来へ、元来た世界へ、戻っていたのだ。

 不思議な気持ちだった。

 違う時代の人間と、さくらを通じて、こんな風に会話できるなんて。

「ここは、この時代から三百年ほど後に『卵』――研究所の建てられたところなの。感情エネルギーがたくさん残留している特殊な場所だから。今もこの学校のどこかで、装置が作動していて……」

 こころは口をつぐんだ。

 それから、どこか切羽つまった口調になって言った。

「お願い、絆、助けに来て」

 私は驚いた。

 こころは、未来の研究所で生みだされたテレパス――感応力者(リスナー)だった。感応力者達は、犯罪を未然に防ぐため、子供のころから、政府のために働かされる。こころはそれに耐えきれず、とある重大な犯罪者を逃してしまった。それで研究所から逃げだしたのだと聞いていた。

 政府から追われる身となったこころは、時間(タイム)跳躍(リープ)の装置を使い、私の住む時代へ身を隠していた。

 未来へ戻ったこころは、捕えられてしまったのだろうか。

「どうしたの? 政府に捕まってしまったの?」

「いいえ、今はVOICEの人たちと一緒にいる」

「VOICE……聞いたことがあるような気がするけど」

「研究所から逃げだした感応力者たちの作った組織よ。私たちが逃げるのをずっと応援してくれてた……でも、ここも結局同じだった。私は兵器として利用されようとしている」

「お兄さんは? 一緒にいるのじゃないの?」

「あの人は……」

 さくらの姿を借りたこころは、どこか悲しげに目を伏せた。

「詳しく説明している時間がないの。この学校のどこかにタイムリープの装置があるはず。その指輪は、いざというときのサブ装置になっている」

 こころの話はよく分からなかった。指輪がスイッチのようになっているのだろうか。

「教えて、こころ。どうすればいいの? どうすれば助けてあげられるの?」

「装置の近くで……やっぱりダメね、絆を危険に巻きこんでしまう」

「大丈夫。きっと助けに行くから。くわしく教えて」

 さくら/こころは、きゅっと唇を噛んだ。

「人が来たわ。さようなら、絆」

「待って、こころ……!」

 さくらが目を閉じ、ぐらりと揺れた。

 倒れそうになったさくらを、私はあわてて抱きとめた。

 腕の中に、さくらの小柄な体の、けれどずっしりした重みがあった。

 うっすらと目を開いたさくらは、驚いた顔をした。

「絆……?」

「さくら。大丈夫?」

「ここはどこ?」

「渡り廊下だよ。三階の」

「……ああ……まただ、私」

 さくらは身を起こし、眉間に皺をよせた。

「ごめん、私、ときどき、夢遊病みたいになっちゃって。絆、ついてきてくれたの?」

 視聴覚室に戻る間、さくらは、ごめんね、ごめんね、と、しきりに謝罪を繰り返した。

 私は、まともに返事する余裕もなかった。

 こころはどんな危険に遭っているのだろう。

 助けにいかなくちゃ。でもどうやって?』


 チャイムが鳴った。

 ナオミはあわてて立ちあがった。

 昼休みがもっと長ければいいのに。

 続きが気になってしかたない。

 未来からやってきた、テレパスの友達。そんな子がいたら、どんなにわくわくするだろう。

 これから私は戻らなければならないのだ。友達もいない、灰色の教室に。

 五時限目の数学の授業も、六時限目の古文の授業も、ほとんど上の空だった。

 授業が終わるのを、ひたすら待ち続けていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る