第7話 催眠術

『その晩、桐野先輩が、退行催眠をやってみる、と、言いだした。

「ほら、聞いたことない? ずうっとさかのぼっていくと、子供のころの記憶とか、前世が見えるって。実験台になってもらえるかな」

 私はあわてて首を横に振った。

 催眠術にかかって自分の過去のことを話すのは恥ずかしかったし、うっかりこころやお兄さんのことを口走ったりして、秘密をみんなに知られてはまずいと思ったのだ。

 代わりにさくらが実験をすることになった。

 本気半分、冗談半分だったように思う。

 桐野先輩は、まじめな面持ちで振り子を揺らしはじめ、さくらも、真剣にその振り子を目で追っていた。

 次第に眠くなってきたのか、さくらが目をしょぼしょぼとしばたたかせ始めたころ、先輩が尋ねた。

「二宮さん、聞こえますか」

「はい」

「あなたの名前は?」

「二宮 さくらです」

「好きな食べ物は?」

「ハーゲンダッツのバニラ、ストロベリー。あとはえーっと……忘れました……」

 くすくすと笑い声が響いた。

「最近起きた印象深いことを、なんでもいいから教えてください」

「桜の木に、蜘蛛が巣をかけていました。人の顔に似ていました」

「誰の顔に似ていたんですか?」

「……分かりません」

 記憶は相変わらず戻ってこないらしい。

 桐野先輩は話題を変えた。

「二宮さん、去年の今ごろ、何をしていましたか」

 さくらは返事をしなかった。

「二宮さん、聞こえてる? 去年のことを思いだして。あなたはどこで、何をしていた?」

「……分かりません」

 桐野さんはしばらく沈黙した。

「じゃあ、入学式より前のこと……なんでもいいから」

 さくらは目を閉じて、体をゆらゆらと揺らしていた。

 なんだかおかしい。

 私たちは、不穏な気配を感じて、顔を見合わせた。

 教室の窓の外から、さっと風が吹きこんできて、私は身震いした。

「○×▽※☆?★……」

 だしぬけに、さくらが、何か口走った。

 でたらめに何か言ったようにも、聞いたこともない言葉のようにも思われた。

「なんて言ったの、二宮さん」

 花森先輩が身を乗りだした。

「もう一度言って。日本語で、私たちに分かるように」

 さくらが唇を動かすのに、私たちは、全身を耳にして聞き取ろうとしていた。

 だが、さくらの口から飛びだしたのは、思いもよらぬ言葉だった。

「あなた方の行為は、禁じられています」

 抑揚のない、アナウンスみたいな口調だった。

 私達は思わず息をのんだ。

「これは警告です。あなた方の行為は、禁じられています」

 そう言ったきり、さくらはうなだれて、石のように動かなくなった。

 視聴覚室の中は、しんと静まり返った。

「あ、あのぉ……」

 桐野先輩がおびえたように、周りの先輩たちを見渡した。

「二宮さん、二宮さん、大丈夫?」

 吉村部長が、かがみこんで声をかけた。

 花森先輩が、さくらの肩をゆすぶった。

 さくらは目を開けて、ぼんやりとした様子でみんなを見返した。

「あれ、どうしたんですか?」

「大丈夫?」

「大丈夫って、私……眠っちゃったんでしょうか? 何も覚えていなくて」

「よかった、とりあえず無事みたいだね」

 吉村部長は、ほっとしたようだった。

「すみません……」

 いつもマイペースな桐野先輩も、どこかしゅんとしていた。

「君が悪いわけじゃない。でも、素人があれこれやるのは危険だな」

「もしかして、あたし、変なものを呼び寄せちゃったんでしょうかぁ」

「今度、文献をあたってみるよ。今日はもう寝よう」


 その晩は、なかなか寝つけなかった。

 夜の校舎に止まるのはもちろん、寝袋で寝るのは初めてだった。

 まして、あんなとんでもない体験をした後では、とても寝られるはずがない。

 さくらも、どこか心ここにあらぬ様子だった。

「絆、もう寝た?」

 隣から、さくらの声がした。

「まだ」

「なんだか私、寝られそうにない」

「私も」

 寝袋に入ったさくらが、こちらに身体をねじったのが分かった。

「昼間、ごめんね」

「何が?」

「指輪。大事なものだったの?」

「さくらのせいじゃないよ」

 言いながらも、私はぎゅっと目をつむった。

 こころとお兄さんと体験した夢のような出来事。指輪は、それが夢ではなかったと証明してくれる、ただひとつの証拠だった。

 ようやく取り戻した大切なものを、なぜまたなくしてしまったのだろう。

「もしかして、あの指輪って、ボーイフレンドからもらったの?」

 さくらのだしぬけの質問に、私は思わず噴きだした。

「じゃあ、友達? ご両親からとか」

「そうじゃないけど……」

「やっぱり好きな人からもらったんじゃないの?」

「さくらったら……」

 答えながら、思わず、顔がほてるのを感じた。

 さくらの言葉は、まるきり外れているというわけではなかった。

 でも、あの人は誰も愛せない。

 私のようなつまらない女子高生ではなく、どんなに素敵な女性(ひと)だとしても。

 感情というものをまるで持たない、持つことのできない人なのだ。

 そうでなければ、とっくの昔に恋人ができていただろう。

 こころのお兄さんが微笑んだら、誰でも簡単に心の鎧を解いてしまう。すごく素敵な笑顔だから。たとえその後ろに、心が存在しなくても。

 私は小さくため息をつき、尋ねた。

「さくらこそ、好きな人、いるの?」

「いないよ。でも」

 さくらは、聞き取れるか聞き取れないかの声になってささやく。

「悪い感じじゃないよね、ここの部長」

 驚いた。

 吉村部長が、かっこ悪いとか気持ち悪いとかいうわけじゃない。

 ただ、変わり者だし、どこかぬーぼーとしていて、女の子から見て恋愛対象になりにくいタイプに見えたのだ。

「さくらみたいな可愛い子に告白されたら、大喜びじゃないかなぁ、あの人」

「まさか。私、子供っぽいし。いまだに中学生? って聞かれる」

 さくらは本当に愛らしい子だった。

 秀でたおでこに、少し童顔の顔立ち。もてるというより、誰にでもかわいがられそうな女の子。ドレスや着物でも着せて部屋に飾っておきたいような。

 私もよく子供っぽいと言われたけれど、残念ながら、ふわふわしたドレスはあまり似合わない。

「私もよく中学生と間違われるよ。大人になるのって想像できないな」

「できないねぇ」

 週明けには進路指導が始まることを、私は憂鬱な気分で思いだした。

 如月高校は、受験校だけに、早くから準備を始めるのだ。

「進路、決めてる?」

「まだ考え中。保健室の先生が優しかったから、女医さんとか、憧れてるけど難しそうだな」

 さくらは少し言葉を切る。

「絆は、教育系がいいかも。保母さんとか、学校の先生とか」

「どうして?」

「絆って、優しそうだから。子供の気持ちを分かってあげられそう」

「そうかなぁ」

 私はくすぐったくなって笑ったけれど、その時はもちろん、私が先生になるなんて考えもしなかった。

さくらは、ため息をついた。

「大人ってさ、昔はみんな子供だったのに、子供のころのこと、忘れちゃってるじゃない」

「そうかもね」

「きっと私たちも、忘れちゃうんだろうけど。こうやって一緒に過ごしたこととかさ」

「忘れないよ」

「忘れるよ。絆だって、きっと大人になったら、私のことなんて忘れちゃう」

「忘れないって」

 暗幕のすき間から、星空が見えた。

 ひとつ、ふたつ、みっつ。

 肉眼で見える星はわずかしかない。

 無数にある星々の中で、とりわけ強く輝く星だけが、東京の空に光を届けてくれる。

 思い出もきっと同じだ。

「きっと忘れない。入学式のことも、今日のことも」

 指輪はなくなっても思い出は残る。

 私はそう自分に言い聞かせた。

 私たちは時を超えてつながっている。きっとそれが、何より大切なことだ。

 しばらくして、隣から静かな寝息が聞こえてきた。

 その日起きた不思議なできごとに、将来のことに、とりとめなく考えをめぐらせるうち、いつか私も眠りに落ちていた。』


 ナオミはなんだか不思議な気がした。

 あの双葉先生にも、私たちと同じぐらいのころがあったんだ。

 この話が創作だとしても、友達と将来について語りあったこの場面は、先生が本当に感じていたことのように思えた。

 大人は分かってくれない、なんて、話し合いながら、将来を不安に感じていた。

 私はどんな大人になるのだろう?

 教室にさえ居場所がないみじめな私。

 いつかは、パパみたいに、確信をもって、これが自分の生きる道だ、と、言えるのだろうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る