オリンピックの奇跡

作者 プラナリア

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

高架下の居酒屋なんて全然雰囲気が無い?
そんな事ありません!
めっちゃキュンキュンです!!

むしろこういう場所で気さくに話が出来る関係こそ、理想的なのかもしれないなと読んでいて思いました。

話の進み方のテンポも良く、ハートフルな展開で読後感がとっても良い恋愛小説の短編です。

★★★ Excellent!!!

会社の先輩、後輩の関係である葉月と小柳。

つらいときにいつも寄り添ってくれる小柳に想いを寄せる葉月は、東京オリンピックが開催されるまで独身だったら彼と結婚すると宣言する。

しかし、オリンピックは延期が決定してしまう。

葉月と小柳の交わした約束の行方は、果たして……?


実にタイムリーなお話で、トップページに表示された注目作品の中でもクリックせずにはいられませんでした(笑)

しかしふたを開いてみれば、コロナによってふさいだこのご時世において、これほど明るく希望に満ちあふれた物語に出会えたのは、率直に感謝しかありません。

実直でスポーツをこよなく愛する小柳と、彼に対して素直になれない様がいじましい葉月は、実にいいキャラをしています。

オリンピック延期という前代未聞の事態の中、この作品こそはそんな前代未聞の事態がなければ生まれえなかった「奇跡」と言っていいでしょう。

小説と読者の出会いは一期一会。外に出られず悶々とする日々を過ごす方がいましたら、ぜひ本作を読んでみてほしいです。つらい時を乗り越えるよい一助となるでしょう。

★★★ Excellent!!!

三年後のオリンピックの日がきたら、果たされるべき約束がありました。
迎えた2020年、コロナウイルスの蔓延によるオリンピックの延期。
しかし、約束は思わぬ形で果たされます。

人の心は奇跡をおこし、だから燃える聖火のような希望が続く。
こんな時代にだからこそ読みたい、オリンピックに想いを添わせた恋物語です。