可愛い姫に誘惑されて困っています。 ……と、見せかけて本当はサイコーに幸せ。

ayane

プロローグ

 細くて、ちっちゃくて、棒みたいにギスギスしていた体。


 サナギが殻を脱ぎ捨て、成虫へと変化を遂げるみたいに。


 ギスギスとした体はいつの間にか、丸みを帯び美しい凹凸を作った。


 顔は童顔なのに、体はボンッキュッボンッ。


 はち切れそうなバスト。

 形のいいヒップ。

 むちっとした太もも。


 鼻にかかった甘い声。




 ――俺を殺す気か。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る