笑顔をやめて、ただ嗤ってほしかった

作者 椎名ロビン

素直さの方向性を間違えたら

  • ★★ Very Good!!

すべての感情を包み込んでしまうヒロインの特別になりたかった語り部がオモいを遂げるまでのストーリィ。

キャラクターがマジでいいですよこれは。
いわゆる常識や法律の範囲から飛び抜けて感情を発散するのでじわじわと逸脱する感覚が気持ちいい。

また読みたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

安藤もゆりさんの他のおすすめレビュー 4