011「ひとりぼっちのソユーズ Fly Me to the Moon」「象と蝶」/七瀬夏扉@ななせなつひさん

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880552117


 書籍化、おめでとうございました。


 だから、なんでTruck1とTruck2を上下巻で同時刊行しなかったの‼


 って、ずっと言ってるのは私だけです。

 カクヨムで出会った小説で、ベストスリーに入る好きな作品です。

 私はソーネチカが好きです。



 SFにカテゴリされていますが、つまりは「スプートニク」と「ソユーズ」の、壮大なラブストーリーです。

 お互いを求む気持ちは、宇宙すら超えて。


 終始切なくて。

 ずるいんですよ、最初から最後まで明かされない謎。最後の最後で明かされるでしょうと思ったら、明かされないまま終わってしまった最大の謎。


 ――主人公の名前。


 ユーリアに「スプートニク」って名づけられて、「スプートニク」で終わるっていうね。もうニクい。ずるい。そういうの大好きです。

 自然に呼ばせないようにしている書き方がうまい。


 Truck2は、中高生の課題図書にしたらいいんです。

 自然環境問題、差別問題、生まれ育った場所と、自分の個性、そして不可能と言われていた夢を実現させる壮絶な努力!

 みんな、ソーネチカから勇気をもらいなさい。

 私はもらいました。ありがとう。


 それと、ちょいちょい猫がかわいいです。 



https://kakuyomu.jp/works/1177354054880380456


「象と蝶」


 打って変わって純文学。読めたのはたぶん七瀬さんだから、だと思います。

 空気感が懐かしいです。二十歳前後の、何かしたくて、何もしたくなくて、世界の中心にいるつもりで、やっぱりひとりぼっちの、強がりと寂しさが同居してるあの倦怠感と言いますか。

 すっきりしない、もどかしさ。嫌いじゃないです。


 読める純文学は読みますが、私にしては珍しいチョイス。

 作家読みでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る