カタワレをさがして

作者 矢田川いつき

31

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「バレンタイン・デーの朝に下駄箱を開けると、半分に割れたハート型のチョコレートが置いてある」
それは或る高等学校に伝わる七不思議のうちの、ひとつ。
さらに、
「放課後までに、他の誰にも見られずにもう片方のチョコレートを見つけないと、永遠に恋が実らない」
しかし、
「逆に見つけられたら永遠の愛が叶うらしい」
と聞くと、
カタワレチョコも悪くないと思えるのが不思議。

学校の七不思議を軸に展開する少年少女たちの甘い季節。
流れるように美しい筆致で著される「チョコに塗り込められた謎」を
是非、あなたの瞳で、ご確認ください。

★★★ Excellent!!!

バレンタインにまつわる七不思議が存在する学校。
ーー最初はホラーな展開に思えたのですが、結末は、青春ならではの暖かさのある甘く優しい物語でした。
短編ですが、内容も上手く構成されており読みやすいので是非、一度、読んでみてください(*^_^*)