仏頂面な旦那様ですが、考えはお見通し

作者 雨傘ヒョウゴ

170

62人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

十八歳の伯爵令嬢エヴァは社交界にも出ずに邸宅に引きこもり、土いじりが趣味の人呼んで「芋令嬢」。そんな彼女の嫁ぎ先、子爵家のリオは無愛想な男性で、妻となったエヴァを邪険に扱うのだが、実はエヴァは人の心が読める「ギフト」の持ち主で本当は優しい夫の想いをお見通しで……。不器用な夫婦の交流に温かい気持ちになります。

リオがエヴァに冷たくする理由。それは財政難の子爵家がリオに黙って婚約を受けて持参金を使い切ってしまったこと。婚約話を白紙にできず、思い悩んだリオが選んだのが妻に嫌われて離婚を切り出させることだった。

心を読んでお家事情を察したエヴァは、リオの演技につきあって夫婦生活を過ごす。家を掃除し、美味しい手料理でもてなす家庭的なエヴァにリオは次第に惹かれていく。しかしそれまでの無礼な態度から、いまさら正直になれない男心がもどかしい。

すべてを承知のうえで素知らぬ顔で夫に尽くしながらも、貴族の令嬢らしくない自分を好きになってくれるリオを憎からず思い始めるエヴァの様子もいじらしいです。

結婚生活に大切なのは、言葉や行動だけじゃない、なによりお互いを思いやる愛情なのだと教えてくれる作品です。

(「結婚はふたりの始まり」4選/文=愛咲優詩)

★★★ Excellent!!!

小さなころから、とある理由で一人離れに住んでいた伯爵令嬢エヴァ。
そんな彼女に突然、縁談の話がやって来る。
光の矢のごとく準備がすすみ輿入れしたのだが、そんな彼女を待っていたのは、仏頂面の旦那様だった……。

冷たい(?)態度を取りつつも、エヴァの挙動一つ一つに喜ぶリオと、そんな彼に惹かれていくエヴァとの関係が、とても素敵でした。

とある理由で人と触れ合う事が怖かったエヴァが、旦那様であるリオの為に変わろうと頑張る姿も、見どころです。
最後は本当に強くなったな……と、嬉しくなりました。

読み終えた後は、ほっこりと優しい気持ちになれます。

とても素敵な作品ですので、是非たくさんの方に読んで頂きたいです♪

★★★ Excellent!!!

読み始めたら、きっと最後まで止まらない物語です。
主人公とその旦那様の関係が、ちょっぴり切なくてもどかしくて、そして多分に温かくて、読んでいてとても心穏やかになれます。登場人物たちの、陽だまりのような愛情に、一緒にほかほかします。
最近読んだ物語では、3番の指に入る書籍化してほしい小説です。ぜひ、読んで欲しい。