二十回目のハッピーバースデー

作者 無月兄

63

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

大人の女性として、年の差離れたお兄ちゃんを恋人として振り向かせたい女の子。

そんな女の子の想いに実は気付いていた、いや思ってた以上に女の子が眩しく輝いて見えていたお兄ちゃん。


そんな2人の心情のすれ違いが、ほのかに甘酸っぱく、だけど切なく描かれている良作です。