月の表面でおっぱいを語る

作者 成井露丸

81

30人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

SF感動巨編(短編)。月に暮らすようになった人類がその歴史を振り返る対話劇。
……なのですけれど、なんとその内容が八割がた『おっぱい』というお話。
コメディあるいはスラップスティックであることは間違いないと思うのですけれど。でも個人的にはもっとシンプルな豪速球というか、このお話そのものがひとつの壮大なジョーク、という感覚で読みました。
いろいろ小難しい話もしていますが、結局全部おっぱい。すごい。いや実は結構真面目な話というか、いろいろ深刻な歴史も含まれているとは思いますけど(しれっと政治的な意図により学説が抹殺されていたり)。
最後の終わり方が好きです。なんか普通にプロポーズして普通に結ばれるエンド。謎の拍子抜け感というか、思わぬところで変拍子が入るような感覚。こんな綺麗に収束する話だったなんて!
そして輪をかけて好きなのは、エリカさんが実質話なんも聞いてないところ(このひと本当にプロポーズのこと以外頭にない)。主題の強烈さで押し切るお話のようでいて、でも節々に見え隠れするそこはかとない狂気。好き。

★★★ Excellent!!!

感動しました。
その確かな文章力と、緻密な世界観に。

歴史背景を交えた思弁的な文章にもかかわらず、詩的な美しさを感じます。作者さまのおっぱいへの愛が、硬筆な文章に魅惑的な膨らみを持たせているのかもしれません。

そしてクライマックスには、おっぱいのように美しい台詞で締めくくられます。是非ご堪能あれ。

おっぱい星人の方は必見ですが、風変わりなネタ小説好きの方にもおすすめできる傑作SF短編です。