虫の解放 後編



「困った事、ですか?」

 と少年が尋ねた。



「ええ。私は、今まで生き物を飼った事がないんです。

 犬や猫はおろか金魚ですら飼っていた事がありません。なので、こんな特殊な虫を飼い続けられるか不安なんです」



 と少女が言う。

 少年は確かにその通りだな、と思う。



「確かにその通りだ。貴女がいま持っている虫は、他のどんな生物よりも特殊ですから……確かに、僕でも分からない」



 彼女の表情は曇っていた。


「自分で連れてきたのに、それで飼えないなんて、本当に自分勝手ですよね」



 と少女は言う。


 虫は「キキー、キキー」と鳴き声を上げながら身を震わせていた。




「……あの」


 ふと少年は気が付いた事があったので、彼は少女に聞いてみることにした。


「なんでしょうか?」

 と少女は言う。



「実は、僕の知り合いに、とても虫が好きな女の子がいるんです。虫の事になると熱心で、それで……その友達なら、いま貴女が持っているその虫も喜んで引き取ってくれるかも知れません」



 その時、少女の表情がパッと明るくなった。それはまるで、広大な光が見えたかのような表情だった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る