第3話 異変



 少女の家に、ある日、突然やって来たという、その虫は美しかった。


 五つの玉が、まるで水晶のようにキラキラと光輝いていた。


 赤や青、緑や紫に光っていた。

 見たことの無い虫だった。



「この子、とても可愛いでしょう」

「うん、凄く綺麗だ」



 少年が綺麗だと思った虫は、その時、突然、異変を起こした。


 体を痙攣させて、お尻の方から、尻尾のような物が生えてきたのだ!


「これは何?」

 と、少年は少女に問いかけたとき、彼女はハッとした表情を浮かべて


「あらやだ」

 と言った。


 少し顔を赤らめて、恥ずかしがるようにそう言った。


 その尻尾のような物は、細長くてピンク色だった。そして、ヌルヌルとした透明な液体を纏っていた。



「どうしよう……この子、きっとお隣さんの所へ行っちゃったんだ」


 少女は心配そうにそう言った。


「何か、不味いことが起こったの?」

 少年が不思議に思い、彼女に問いかけると、


「何でもない」

 そう言って顔を背けるのだった。


「……顔、赤いよ」

 と少年が言う。


「だから大丈夫だって!」


 彼女は少し、怒っているようだと少年は思った。


「ねえ」


 彼女は彼に問いかける。



「…………私、ちょっと部屋でやることがあるから、アナタは少し、リビングで勝手にテレビでも見て待ってて」


 と、少女は言う。


 少年は頷く。きっと彼女には大事な用事があるのだと思って、それに従う事にした。



「でも、一つだけ約束して欲しいの。私が部屋にいる間は……絶対に扉を開けないでね」



「えっ」

「お願い」


 仕方なく、少年は、少女の言うことに従う事にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る