「おっせーよ。和花」


 急いで教室の中へ駆け込む。すると一番後ろの席に座っていた勇人が、不機嫌そうに私を見上げた。


「ごめんなさい」


 そう言って私は勇人の隣に腰かける。


「しょうがねぇなぁ。ほんとトロいんだから、お前は」


 勇人の手が伸びて、私の頭をくしゃっとかきまぜる。久しぶりに感じる勇人のぬくもり。


「なぁ、和花。今日お前んち行ってもいい?」


 私の頭に手を乗せたまま、勇人が顔をのぞきこむ。黙り込んだ私の耳元で、勇人の声がもう一度聞こえた。


「いいだろ? 和花」

「うん……」


 満足そうに笑った勇人が、私から離れて立ち上がる。


「じゃ、あとで」

「え、ちょっと、待って」


 講義も受けずに出て行こうとする勇人を呼び止める。


「あのっ……一週間も連絡とれないで……どこか行ってたの?」

「あ? 旅行だよ、旅行。お前に言ってなかったっけ?」


 誰と? どこに? 聞きたいことはたくさんあるのに、私はそれを聞くことができない。


「じゃ、あとで行くからな」


 それだけ言うと勇人は背中を向けて、私の前からいなくなった。


 同級生の勇人とは、友達の紹介で知り合った。私のことを見かけた勇人が、私を気に入ってくれたらしい。


「俺と付き合ってよ、和花ちゃん。いいだろ?」


 知り合って、勇人から強引にそう言われるまで、さほど時間はかからなかった。

 内気で、自分に自信が持てずにいた私は、勇人の声にただうなずいていた。

 嬉しかったのだ。こんな私でも、必要としてくれる人がいるということに。


 だけど、男の人と付き合ったことのなかった私と、女の子に慣れている勇人との間には、最初から微妙な溝を感じていた。

 だからこそ私は、勇人に嫌われないよう、勇人の言うことを素直に聞いて、何でも従うようにした。


 最初のうち、そんな私に満足していた勇人だったけれど、次第に物足りないと感じ始めたのかもしれない。

 最近になり、勇人は私以外の女の子と遊ぶようになって、必要な時だけ私を誘う。

 私の部屋で、私の身体を抱きたい時だけ、私を誘うのだ。


敦也あつやのヤツ、彼女にスマホ盗み見されて。それで浮気がバレて、あいつら別れたんだって。敦也もバカだけど、その女もサイテーだよな。人のスマホ、勝手に見るとかねーし」


 ベッドの上でスマホをいじりながら、勇人が言う。私は黙ってその話を聞いている。


「和花はそんなことしねーよな?」


 勇人が私の顔をちらりと見る。


「……うん」


 満足げに笑うと、勇人はベッドから降りて服を羽織った。


「帰るの?」

「飲みに誘われたから行ってくる」

「今から?」


 私は壁にかかった時計の針を見上げる。「誰と?」その言葉が喉元まで込み上げてくる。


「じゃ、またな」

「あ……勇人……」


 ドアを開けようとした勇人が、振り返って私を見た。面倒くさそうな顔つきで。


「何?」


 私は毛布を身体に巻きつけて、首を横に振る。


「何でもない」


 ふっと鼻で笑った勇人が、私のもとへ戻って来た。そして唇に軽くキスをして、また背中を向ける。

 私はひとり残されたベッドの上から、閉まるドアの音を聞いた。


 勇人はきっと、別の女の子のところへ行くのだろう。

 それをわかっていて私は止めない。

 私はまだ、勇人に必要とされているから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます