菖蒲Ⅱ / 美弥Ⅱ

「橘 美弥、さんね」


 夕日が赤く照らしている。

 教室二つ分をぶち抜いた広さのある生徒会室で、菖蒲は露骨に不機嫌そうな声で言った。


 見るからに高級そうな木製のデスクに、革張りの椅子。

 菖蒲はスカートも気にせずにデスクの上に足を放り出していた。他の生徒たちの前では絶対に見せないような姿ではあるが、この日は生徒会活動がないのだ。他人の目を気にするのも面倒臭い。


 おまけに、今日は非常に機嫌が悪いのである。


 朝から昼にかけては最悪で、午後の授業だって身が入らなかった。

 明楽からメッセージが返ってこないのも苛立ちの原因の一つだし、その度にあの女の顔が頭にチラついて、今日何度目か分からないくらいの舌打ちをさせるのだ。昼を抜いたためか空腹なのも良くなかった。とにかく今はもう、見聞きする全てが気に入らないのであった。


 その上、だ。


 勧誘期間はまだ先のはずなのに、生徒会に新しい一年生を入れてくれ、と教師から依頼されたのである。

 なんでもかなりの人数の生徒たちの推薦があり、成績も人柄も悪くないため無下には出来ないとのこと。そんな事知ったことか、と言うのが菖蒲の本音ではあったが、だからと言って断る理由がなかった。勧誘はだめでも、立候補は禁止していないからだ。


 はぁ、と溜息を吐く。

 隣で直立不動の明楽はその度にびくびくと怯えていた。

 いつもならこんな姿を見せたくはないのだが、今日は別だ。今朝は思い切り見せつけられたのだし、ちょっとくらい仕返ししても文句はないだろう。


 教師から手渡された書類に目を通す。

 推薦された生徒の顔写真に、入試の成績、住所などの個人情報が記載されていた。当たり障りのない情報に、余計に額に血管が浮くのを感じた。こんなので何を判断しろというのだ、あのバカ教師は。


「橘さん」


 はい、と目の前でにこにこと笑う少女が返事をする。

 髪を明るく染め、スカートは明らかに短すぎる。校則などまるで無視した格好だが、推薦を受けたのであれば面談をしなくてはならなかった。


 はっきり言って、第一印象は「気に入らない」である。

 緊張感がないのかへらへらしているのが目につくし、先程から明楽に視線を向けっぱなしなのは頂けない。そもそも、菖蒲は美弥のようなギャルっぽいタイプの子が嫌いであった。


 単に機嫌が悪いから、ではないはず。たぶん。

 自分に言い聞かせるのも億劫になり、菖蒲は冷たい声で言葉を続けた。


「成績は悪くないのね。ただ、この署名の束はなに?入学してから一週間しか経ってないのに、随分と人気者なのね」

「私の友達が協力してくれまして。同級生も先輩も、みんな生徒会入りに賛成してくれました」

「生徒会には何故入りたいと?内申点が欲しいのかしら」

「内申点とかもありますケド……でも、学校のために頑張りたいなぁって思ったんです」


 袖の長いピンク色のカーディガンが揺れる。

 甘ったるい声と相まって、菖蒲のイライラに拍車がかかった。


「……ウチの生徒会は特殊なの。『生徒による自治』が学校のモットーである以上、予算配分はもちろん学校運営に口出しすることだってあるわ。並大抵の責任じゃあ務まらないのだけれど」


 脅し文句のようだが、これは事実である。

 週に一回教師や理事長との会議が設けられ、今後の学校運営について話合ったりもするのだ。授業計画や改築、増築について、また課外活動や部活動の管理なども行うのである。そのため生徒会メンバーには大きな責任がついて回るし、選出も慎重にならざるを得ないのだった。


 これは明楽も最初に言われたことだ。

 最も、彼の時はもっと優しく説明されたが。メンバー全員でフォローするとか、もっと親身ではあった。


 明楽はうんうん、と頷き、美弥に目をやる。真剣そうな顔だったが、目はちらちらと彼に向けられていた。その度に目が合うのが気まずくて、次第に窓の外を眺めるようになった。


 明楽から目を離して、美弥が答えた。


「……分かってます。まだ若輩者ですが、精いっぱい頑張りたいと思ってます」

「あら、そう」


 菖蒲は直観的に嘘だ、と確信した。

 彼女はそんな事思ってないし、真っすぐこちらを見て言えないのであれば信用しようがない。どうせ何か別の思惑があるのだろうが、ここで詰めてしまっては明楽の印象だって良くないだろう。彼に同席してもらうんじゃなかったと今さら後悔した。


「先生からの推薦も貰ってます」

「知ってるわ。でも、これだけじゃ判断できないの」

「……何でですか」

「私が貴女の事を知らないからよ」


 書類をゴミ箱へと投げ捨てる。

 一度見たものは覚えられる性質なのだ。これ以上上っ面のデータは必要ない。あとは、この女の本音を暴くだけだ。


 仕方ない、とまた息を吐く。

 明楽がいてはこれ以上話は進められない。二人きりで『じっくり』と話す必要があるのだから。


「明楽さん。今日は帰っていいわ」

「え、でも……」

「いいわ。彼女を待たせてるんでしょう?急に呼び出して悪かったわね」


 いえ、と苦々しい顔をする。

 予定があるのに「新メンバーの面談をするから」と急に呼び出していたのだ。

 その途中で帰るのは明楽にとっては心苦しいのだろうが、そもそも彼がそんなことを思う必要はないのである。そこが彼のお人好しな部分の一つで、可愛いなぁと思う一面だ。しょげた子犬のような顔がまた胸を締め付け、苛立ちも晴れていった。


「それに、貴方と連絡取れないほうが困るのだし」

「それは……すみません。機種変したらすぐ連絡します」


 申し訳なさそうに頭を下げる明楽の手を取って答える。


「じゃあ、また夜に。電話してね」


 また夜に。

 電話して。


 傍から見れば付き合っているかのような会話。

 その言葉に反応した美弥を、菖蒲は見逃さなかった。


「はい、お先に失礼しますね。……橘さんも、また明日ね」


 小さく手を振る明楽。

 美弥は変わらず笑顔のまま、「お疲れ様でした」と答えた。いや、答える事が出来た、のが正しいかもしれない。


 彼は真っすぐ生徒会室を後にした。が、残った二人は黙ったまま。

 しんとした教室に、外から部活動に勤しむ生徒の声が聞こえてくる。日はどんどん傾き始めていて、電気をつけていないため室内は夕闇に包まれつつあった。


「……橘さん」

「はい」


 僅かな間の静寂を破ったのは菖蒲だった。

 相変わらずデスクに足を放ったままだ。深く椅子に腰かけ、美弥の顔を見ずに問い掛ける。


「明楽さんのこと、どう思います?」

「……はい?」

「随分熱っぽい目で追っていたようだけれど」


 ぎし、と椅子が軋む。

 首だけを起こして、美弥を見据えた。明楽と話してたときとは違い、氷のように冷ややかだ。


 とは言え、美弥も引く気はなかった。

 元々年上を敬うような性格ではないのだ。特にこういった偉そうな年上に対しては、反抗心を剥き出しにしてきた。たった数分話しただけではあるが、菖蒲はその「ムカつく奴」の筆頭にまで上り詰めていた。


 挑発の色を含んだ声音で答えた。


「明楽先輩、いい人ですよね。彼氏にしたら幸せなんだろうなって思います」

「彼女いるわよ」

「知ってます。桐生先輩ですよね。でもそれを言うなら、会長もそうじゃないですか?」

「……私も?」

「彼女さんいるのに、夜電話させるんですか?恋人でもないのに。無理矢理だったらセクハラになるって知ってました?」

「あら、悪いのかしら。私と明楽さんの仲なのだから、問題ないと思うのだけど」


 それに、と付け加えた。

 部屋の空気が冷え込んだように感じる。


「そのうち彼は帰ってくるもの」

「は?どういう……」

「彼は人が好過ぎるから、告白されたら断れないのよ。今はあの女と『付き合ってあげてる』だけで、時間が経てば私の元に帰ってくるわ」


 くすくす、と暗くなった教室に笑い声が響く。

 のそりと起き上がった菖蒲の目が妖しく光っていた。


「そう言えば、貴女もそうよね」


―――ぎしり。

 

 椅子がひと際強く軋む。

 菖蒲は立ち上がって、大きなデスクを迂回してゆっくりと歩く。

 顔は暗闇で陰って見えないが、口元が不気味に歪んでいるのが分かった。


「貴女やあの女みたいな雌猫にすり寄られたら、放っておけないのよ。それで勘違いして、彼を自分のモノと思ってしまうのよね。あぁ、もう本当に面倒くさい」

「な、なに言ってるんですか……?」

「何って、訊いてきたのは貴女でしょう?恋人でもないのにいいのか、って」


 長く黒い髪が揺れる。

 美弥は後ずさりしようとするが、それよりも早く菖蒲に詰め寄られた。


「だからね、貴女にも言っておかなきゃいけないかなって思うのよ」

「だから、なんのこ―――」


 言おうとして、言葉が詰まった。


 蛇のように襲い掛かった手が、美弥の喉を捕らえる。

 女性とは思えない力で、ぎりぎりと締めあげられた。やめろ、と叫ぶことも、呼吸をすることもままならなかった。瞬きする暇もないくらい一瞬で掴まれ、けたけたと笑う菖蒲に制されてしまった。


「……ッ、ぁ、が!」


 抵抗しようと、菖蒲の腕を掴んで振り解こうとする。

 が、ビクともしない。小柄な美弥とはそもそも体格が違うし、それ以上に狂気的な何かが菖蒲にはあった。摘まんだ虫が暴れる程度の抵抗など、全く意に介さない。首を掴んだまま菖蒲は嗤って、苦しむ彼女の顔をじっくりと眺めた。


「明楽くんを何度も見ていたのは何故?私と彼が話していたとき、顔が引き攣っていたわよ?貴女とは接点が無いはずなのに、おかしな話よね?」

「ぁっ……が、ぅ」

「彼のこと、気になるのかしら。……あぁ、ごめんなさい」


 くすくす。

 耳に障る笑い声が、美弥にとっては酷く不快だった。


「このままじゃ、喋れないわよね」


 瞬間、菖蒲の手が緩む。

 とっさに離れようと手を伸ばして―――そのまま胸倉を鷲掴みにされ、資料が積まれたデスクに叩きつけられた。


「っ、がは、ぁあッ!」


 どん、と鈍い音が鳴り響く。

 背中と後頭部に衝撃を受け、目がちかちかとする。酸欠気味だった頭がぼうっとする。ただ今は痛みよりも、覆い被さるように覗き込む菖蒲の方が恐ろしかった。


 美弥に抵抗する気力はなかった。

 恐怖からか、体が小刻みに震えている。

 その様を見つめながら、菖蒲はゆっくりと口を開いた。


「いえ、やっぱり答えなくていいわ。……ふふ、貴女の生徒会入りを、私が認めます」

「けほ、……っはぁ、どう、いう……」

「私の手元にいた方が監視しやすいもの。あはは、これじゃあ首輪をつけた犬ね。ごめんなさい、さっきは雌猫と言ったのだけれど、やっぱり犬のが似合ってるわ、貴女は」

「……ッ」

「そんなに睨んでもだめよ。それとも推薦を取り下げて逃げてみる?あれだけの人数を巻き込んだ挙句に逃げるのだから、次の日から貴女の評判は面白いことになりそうね。最も、逃げたら―――」


 死にたくなるまで、潰してあげる。

 歪んだ口から吐き出された言葉に、美弥はぞくりと背筋を震わせた。

 

 この言葉は嘘ではない。

 黒川 菖蒲は桐生 和葉と同じくらい有名で、古くから続く名家なのだ。いくつもの会社を経営している上、財閥との繋がりも深い。その上黒い噂も絶えないのだ。それが本当なら、自分一人を潰すくらい造作もないだろう。


(しくったなぁ……この人、ホントに頭おかしいんじゃん)


 菖蒲にとっての逆鱗は明楽なのだ。

 となれば、今まで自分のような人もいたのかもしれない。明楽にすり寄って、そうしてねじ伏せられた子たちが。そう思うと、余計に圧し掛かる彼女が化け物のように感じた。


「それで、どうする?」

「……」


 頷く。

 今は、逆らわないほうがいい。


「良い子ね。これからは、あんまり明楽さんにしっぽを振ったらだめよ?」


 答えに満足したのか、それとも涙でぐちゃぐちゃになった顔が面白かったのか、菖蒲は口端を歪めて嗤った。ゆっくりと掴んでいた手を離し、美弥の頬を撫でる。人とは思えないくらい、とても冷たい手だった。


「じゃあ明日から、よろしくね。橘さん」



 あはははは。

 壊れた人形のように、菖蒲はひたすら嗤っていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る