11.ビハインドアワー~都市伝説背後譚~

11-1.ビハインドアワー~都市伝説背後譚~

「暇じゃなあ」

「ですねえ」

 いつものように神社の居間に寝転がる駆人と化け狐の天子が、いつものように誰にともなく呟いた。

 神社に来てももう目新しいこともない。適当にテレビでも眺めるか、神社の家事を手伝わされるか。それで都市伝説出現の報が出れば二人して出向くか。

 しかし、最近は都市伝説の出現も少なくなってきたので、そのまま一日が終わっていまうことも多い。ここに出入りし始めの頃は、天子と一緒にいるだけでも多少はドキドキしたものだが、本性を知ってしまうともうこうだ。

「暇じゃからカルトでも叩いて遊ぶか」

「やめろ!」

「でも暇なものは暇じゃ。いつもは仕事なんてしたくないと思うものじゃが、こういう時は電話がジリリと鳴って『天子様助けて~』なんて言われるのが恋しいのう」

 天子は話の間に入れる効果音のチョイスがいちいち古い。この家にもそんな音の出る黒電話はないのに。

 それはともかく、駆人も天子の考えには共感する部分がある。この夏の都市伝説退治は、駆人の中で十分に日常と呼べるレベルで生活に侵食していた。

 それこそ自宅にいるときでもいつ電話が鳴るものかと半分怯えて、半分楽しみにしていた。そういつでも鳴られても困るが、こう暇が過ぎるときにはそういう電話の一本でも……。

トゥルルル……

 そう。こうやって……。って、本当に来るとは。

「あ、わしの電話じゃ。む? 非通知か。もしもし」

 天子は電話に出たものの、何度かもしもしという以外は特に言葉を発しない。しばらくそのまま待つと電話を切ってしまった。

「無言電話じゃ。いたずらかのう」

「そうですか」

 期待外れのような、ほっとしたような。

 それからまたゴロゴロとしていると、再び天子の携帯電話が鳴った。

「また非通知じゃ。もしもし」

「わ……。……、え……。」

 電話のスピーカーからノイズに交じって小さな声が聞こえる。ただそれも会話をしようというのではなく、またも一方的に切れてしまった。

「なんじゃ。何か声のようなものが聞こえたが」

「はい。興味深いですね」

 いつもなら非通知着信をオフにするところだが、今回ばかりはこれすらも暇つぶしの対象にしてしまう。また来ないか、などと考えながら二人で携帯電話を注視する。

「とは言えじゃ。ただ待つのも面倒くさいのう。こちらからかけてみるか」

「非通知なのにどうやってですか」

「ああ、そうか。面倒くさいのう」

 言っているうちに三回目の着信。耳を澄ませて備える。

「もしもし」

「……メリー……。今、駅前……」

 そこで切れる。二回目よりノイズが薄くなり、少女のような声が聞こえた。

「なんじゃ? メリーとか言っていたが。クリスマスにはちと気が早いぞ」

 天子はまだ何も気づかずにおちゃらけているが、駆人は軽口を言う気にはなれない。なぜならその名前、そして電話を介してくることに心当たりがあったから。

 それを言い出す前に四回目の着信。駆人が止める前に、天子が通話を始めてしまった。

「もしもし」

「私メリー……。今、スーパーマーケ……、るの」

 切れる。今度こそ、駆人は確信した。

「なんじゃ? 自分の名前を言うとったのか? それにスーパーがどうとか」

「天子様。今の電話の相手は、都市伝説です」

「な、なんじゃって?」

「その名も……」

 そこでいったん言葉を切って、見栄を切る。

「メリーさんの電話!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます