釣った? 釣る気がない?

私は今でも少し、

あれはどうしてなのかと疑問に思わないでもないのだけれど、

夫は、会ったあと、あまりメールをくれなくなった。


それは、ひどく私を不安にさせた。

釣った魚にエサをやらないタイプ??

だったら、まだしも、

実際に二人で会ってみたら、私を気に入らなかったのかもしれない。

自分のこと、「あまりしゃべらない」「人の話を聞く方がいい」

そう言っていたからと言って、

いくらなんでも私、しゃべりすぎたのかしら?

うるさかったのかしら?


思えば、あの、メールをあまりくれなくなった時から、

私の宙ぶらりんで悶々とする日々が始まったと言っていい。


私はそもそも、夫の見た目(第一印象)はよかったのであって、

その好意は、二人で会ってみて、マイナスされなかったどころか、

ますますよいと思った。

でも、そのあとの夫の様子からすると、彼の中では

即「つきあう」とか「前向きな交際」へ、とはなっていかなかったのだなと思えた。


おそるおそる、また会う機会はあるのかどうかとお伺いのメールをした。


そう言ってもらって「ありがたい」という返事。(うれしい、とかではなく)

私たちは遠距離だったのだけれど、

夫が次にこちらに用事で来る日も書いてあった。

ただ、「来る」と。


万事が、こういう感じだった。

来る=会ってくれる気があるのか、それがわからない。

だから、毎回、来るのであれば私は会いたいけど、

そういう時間はありますか? と、こちらから訊く。

そして、その返事がすぐ来ない時など、

あまり積極的な気持ちがないのかな、と落ち込んだ。

返事が来ても、基本、素っ気ない文面だし、

返事が何日か後だったりすると、

OKだったとしても、「しかたなく」なのかな? と思った。


会ってくれても、

時間取らせて悪かったのかな、

楽しいのかな、それとも、あまり楽しくないけどムリしてみてるのかな。

いちいち、不安だった。


確かに、恋愛に邁進する人の気持ちがわからないとか、

どうしたら関係を押し進められるのかわからない、とは、言っていた。

それにしても、あまりにいつも、突き放してるように見える。


いずれにしても、相手がコトを進めてくれないなら、

そして、こちらが進めたいなら……こちらでするしかない。

そういうオクテな人が、なんとか会ってくれてるというだけでも、

貴重なことなのかもしれない。

不安に押しつぶされて、こちらが独り相撲で負けてしまってはいけない。

その一心で、毎回、このメールで終わりかもしれないとドキドキしながら、

ものすごい勇気を振り絞って、連絡を取った。


そんな私の気持ちや努力、わかってくれてたのかな(笑)。

知らないだろうな。


でも、結局、私といっしょになった。

あのころ、不安に負けて、すぐに気持ちがキレてしまわなくてよかった。。。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます