第40話 通常運転は年明け2日から

 新年にはそれほど興味のなさそうなアメリカンたちは、年明け2日から普通に出勤する。プリスクールも同じ。もう普通の平日と同じ。

 年明けの頃に爆竹鳴らしたり、カウントダウンしたりして楽しむけど、クリスマスと比べるまでもなくあっさりしたもんです。

 むしろクリスマスの延長みたいな感じかな。ホリデー気分もだんだん薄れてくる。


 そうそう。

 真夏のクリスマスを楽しめるオーストラリアでは、サンタさんはサーフィンしながらやって来るらしいけど、フロリダでは普通にソリを引いて来ます。でないとNORADも追跡できないし。笑

 この粋な遊びが毎年楽しみだったりする。子供も喜ぶし。


 食事はローストビーフを買ったくらいで特別なものは無し。

 昔はマイアミに重箱ごとお節を売ってた店があったらしいけど、もうなくなってるとか。

 ほかの日本食レストランにもあったのか? ちょっと調べてないからわからないけど、どちらにせよ留学生の我が家では手が届かない。


 今年も元旦からサンダルで散歩。気温は摂氏25度くらい。数字だけ見るとたいして暑くなさそうに見える。けど、天気が良くて日差しがギラギラしてて暑かった。つくづくこの地域は日差しだけで気温を保ってるな。

 ちなみに、日陰に入るとすっごい涼しい。夜は夏でも涼しい。日本の夏にはこれがない。ハリケーンさえ来なければかなり気候は良いなと思ってる。


 雰囲気も、気温も、お正月らしさなんて全くないために、まだ三が日中なのにすっかり忘れてた。日付書こうとして思い出した次第で。

 個人的にはお正月感がなくても特に気にならないんですが、(むしろ楽しんでる)これは個人差ありそうやなあ。


01/02/2020

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます