第31話 電話で予約した話

 英語で電話する、というのは難関の1つだと思っている。

 直接話すなら身振り手振りとか表情でもだいぶ伝わるけど、音声だけだとそうは行かない。

 とはいえ、何かの予約を取る電話なら、ある意味日常会話よりも簡単かもしれない。だって、必要な言葉や会話は限られてるから。

 聞くべきこと、伝えるべき事もある程度決まっている。それに対して日常会話は多岐に渡りまくってる。なので、わたしは「英語?日常会話程度なら…」と言える人は、実はかなりのハイレベルだと思ってる。


 さて、今日は初めて電話で美容室の予約を取りました。ああ、緊張した!笑

 予約をしたいこと、希望の日時、希望の担当者、自分の電話番号。

 これくらい言えれば大丈夫。向こうが言ってることも、概ねそれにまつわることだけ。でも早口だからドキドキする。

 在米1年。現地の語学学校に通い始めてからももうすぐ1年。

 大きな成果は無いなあ、なんて思ってたけど、やっぱり継続は力なりですね。達成感がすごい。子供の頃の初めてもこんなんだったのかしら。高揚感に関しては幾分色々経験している分、今の方が大きい気がする。


10/30/2019


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます