第32話 明日はハロウィン

 決して仮装大会ではない。コスチュームコンテストのあるイベントもあるけども。

 だからってバカ騒ぎはしない。念の為。


 ハロウィンは日本で言うお盆のようなもの。そして、盛大に祝うものらしい。だからお盆とはちょっと違う。

 パーティしたり、10月中旬以降は週末毎に関連イベントがあったり。死者を偲ぶのは同じだろうけれど。

 ハロウィンのホラー感は結構えぐい。

 わたしはグロテスクなのは嫌いで、作り物だとわかってても無理なんですが、結構グロいやつが飾ってあったりするからちょっとビクビクしてる。

 墓場を荒らしたような風景を人形とか血糊とか使って作って、それを子供向けのハロウィンイベントに飾ってたりする。

 で、さらにお客さんがそれをバックに家族写真撮ってたりしてるからさらにビックリした。

 わたしはもう見たくない…。パンプキンだけでいいよ…。


 ハロウィンと言えば、子供たちが夜に家々を巡ってお菓子を貰うのを想像するけど、わたしはまだやったことない。

 いくら治安が良くても勝手が分からないし、ちょっと怖いから。

 実は知人がそういうのを大勢でワイワイやる町内ツアーを昨日教えてくれたらしいけど、他のイベントに行く事にしてたから旦那が勝手に断ってしまった。ツアーだったら安全そうだし行ってみたかったのに!くそう。


 そして、ハロウィンといえばジャック・オーランタン。

 実はワタクシ、先日初めてカービングに挑戦。

 楽しいよ!これ!日本でも流行ればいいのに。

 カービングに使うのはオレンジ色の丸いパンプキン。日本でよく食べてるアレはスクワッシュと呼ばれる物で、かぼちゃはかぼちゃでも全く別物。

 こちらでも色んな種類の食用かぼちゃ売ってるけど、どれも味がなくてあんまり美味しくない。なるほどだからあんなに濃い味付けにするのねと納得。むしろそうしないと食べられたもんではない。

 パンプキンは案外柔らかくて、そんなに力がなくても楽に切ったり削ったりできました。

 ネットでデザインを拾ってサインペンで下書きして、カービングツールがスーパーで売ってるのでそれを使って顔を作っていく。

 先に中をしっかりくり抜いて置くと持ちが良くなるそう。

 と言うのも、ジャック・オーランタンは直ぐに萎れてしまう。

 うちのは3日目でカビてしまった。適当にくり抜いたし仕方ないか。どちらにせよ、通常くり抜いてから1週間も持たないもののようです。

 この時期なんでもパンプキン味食べ物が出てる。

 パンプキン味のビール、パンプキンスパイスコーヒー、クッキーとかビスケット…本当に何にでもパンプキン味。

 在米の長い知人によると、この5、6年の新しい傾向だとか。だんだんエスカレートしてきているとの事。


 ハロウィンの日はハロウィンのコスチュームで登校する学校も多いです。

 うちの子のプリスクールはなぜかパジャマ着用を要請されたけど。(パジャマデーもたまにある。去年はクリスマスの頃にあった)

 明日はパジャマを来て登校して、学校でパンプキンカービングするらしい。

 が、カービングはけっこ汚れるからハラハラしてる。寝間着がヨレヨレだからと思って新しいパジャマを買ったものの、カービングするなら敢えてヨレヨレにしようかしらと悩んでいる夜更けだったりする。

 まあ、それはともかく。

 明日はハロウィン。盛大に祝う日。アメリカの子供はみんなこの日を楽しみにしてるらしい。

 Happy Halloween to you!


10/30/2019

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます