第15話 食品の安全性 2 ホルモン剤と抗生物質を使って育てられた牛などの肉

 アメリカで、たとえば肉を買う時は大まかに三つの選択肢がある。オーガニック、オールナチュラル、その他。

 オーガニックとかホルモンとか抗生物質とか飼料なんかひっくるめて一番安心。偽装してたらわからんけど。

 オールナチュラルは表記をよく見ること。ホルモンと抗生物質が入ってなければ、我が家は買って良いことにしてる。

 その他は買わない。安いけど、怖くて買えない。


 ホルモンの影響は結構怖いこと聞きますよ。

 女の子の生理がやたら早く始まるとか、小さな女の子でも胸とお尻だけやたら育つとか。

 大人でも変な太り方してたり(特にお尻が極端に太い)、ガンになりやすいとか……。

 抗生物質に関しては、ドッグフードを食べてしまった3歳の男の子が急性の薬物中毒で亡くなった事件があったとか。何の薬品だったか忘れたけれど、それは抗生物質の1つだった。

 人間用の肉でもホルモンと抗生物質たっぷりの肉が売られてたりするけど、犬用だとさらに容赦なく添加されてたみたい。薬漬けの肉で中毒を起こした、と。恐怖しかない。

 犬が頑丈なのか、耐性がつくのかどっちやろ。


09/06/2019

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます