第13話 フロリダに来る時 4 赤ちゃん連れの飛行機

 産後8ヶ月で一時帰国した旦那と共に一家で渡米。どんなに乗り継ぎがスムーズでも最短24時間。フロリダは日本からは一番遠いところの一つだと思う。

 国際線で使える一番大きなスーツケース3つと大人二人の手荷物、ノートパソコン2台、乳幼児用のオムツ鞄二人分とベビーカーの大荷物。

 船便で送ることも考えたけど、結局使わず。でもなんとかなるもんですね。空港に置いてある大きなカートなんて初めて使ったわ。

 この時初めて知ったけど、ベビーカーは搭乗するギリギリまで使えます。スーツケース預ける時にタグを渡されるから、それを予め付けとく。そして搭乗口でベビーカーを預けて、飛行機に乗って、降りる時にまた降りてすぐの所でまた受け取る。なんてありがたい制度!

 ちなみにこれも初めて知ったけど、赤ちゃんがいると、普通の人よりも一足早く搭乗できるように案内されます。絶対時間かかるから本当にありがたい。たしか障害のある方も優先されてたはず。


 ところで、アメリカンは寛容な人が多い。特に子供に対しては。少々子供が騒いでも誰も大して気にしない。「赤ちゃんは泣くもの」と、思ってはる。アメリカ行きの飛行機でもそう。日本に帰る便はたぶん違うんやろうけど。

 日本だと気の短いオッサンが怒鳴り散らして、お前の方がうるさいやんけ状態になるところが、まずならない。むしろみんな優しい。微笑ましそうに見守ってくれるから、すごいホッとした。ただし、白人ばかりだとそうもいかないのだろうけれど。


 そうそう。航空会社によっては、赤ちゃん用のシートベルトも離陸前に持ってきてくれますよ。大人のシートベルトに取り付けて使います。会社によってあったり無かったりするけど。

 抱っこ紐は使用禁止の会社が多いです。特に外資系。長時間になるとお互いに疲れるわな。


09/09/2019

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます