骨折日記~人生初骨折、初手術、初入院。そして、かなり無茶したなと反省の日々~

作者 骨折さん

67

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

何という悲惨なレビュータイトルだろうか?
代謝も落ち重たい物も食えなくなる
それがおっさんである
だがこのおっさん、一味違うぞ?
そのはちゃめちゃっぷりを知りたい方は...
まず1話をクリックするのじゃ
そこには貴方が見たことのないおっさんワールドが広がっている事でしょう...。

★★★ Excellent!!!

病院のベッドからレビューさせていただきます。
実はこの4月25日深夜(正式には26日)にシャワーを浴びた後パンツを履こうとしたところバランスを崩してケンケンで踏ん張った瞬間、バキッ、バキッと大きな音が2回。我が人生最大の痛みとともに崩れ落ち、激痛に耐えれず真夜中で近所(単身赴任でマンションに一人暮らし)迷惑を承知で119番。
28日に手術をしリハビリを開始したところです。この後の入院生活、退院後の苦労などを知りたいと思い、体験談を探していたところこの小説?に出会いました。内容は当初求めていたものとは少し違いましたが、リハビリを頑張り、早く職場に復帰したいという思いが強くなりました。
参考になりました。ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

骨折。辛くて痛いはずの経験なのに、ユーモアセンスが溢れていて、人を楽しませようとする気持ちが、伝わってくるとても良い骨折体験記エッセイでした。
中身はその名の通り、“仕事中に骨折された方の一部始終”です!
面白い、と言っちゃうのはだめですが、面白いエッセイですので、ぜひ、
御一読を!
闘病中の方は、明るい気持ちになりますよ、きっと!

★★ Very Good!!

ガイコツ書店員 本田さん
……の、ような映像と声が浮かんでしまう実録エッセイ。

内容的には「おっさんが、ちょっと高い所から落ちて骨折した」
と、言う単純な話なのですが、語り口が軽妙で実に面白い!

バリバリキャリアウーマンなお嫁ちゃん……
ぬいぐるみをお供えしてくれる娘ちゃん……
人員欠員により黙示録を迎えてしまった職場ちゃん……
そして、翌日にガンの手術を控えたマイ・ファーザー……

現実は、小説よりも奇なり!!
骨折さんの明日はどっちだ!?

★★★ Excellent!!!

鬼級に痛い捻挫なんてあるのだろうか?
いや、その激痛は骨折ですよ。先生!と、読みながら突っ込んでしまいました。

しかも、お盆休みの時期に……

危険予測の勉強会に出たことがあるのですが、脚立から落ちて亡くなる方は結構いらっしゃいます!(高さに関係ありません)
原因は頭を強く打つからなんです……
作者の方は幸い?足の踵の骨折で済みました……
作者の方は、きっとこの作品を通じて、落下事故の恐ろしさを読み手の方に伝えているのではないでしょうか!

家族の絆の物語に、きっとあなたは涙するはず!

病院の先生が面白いですよ!