ソードの2

石の台座の上に目隠しをした女性が座っている。

正面を向いて胸の前で腕を交差させ、両手には一本ずつ剣を握る。

背後には海が広がり、空には三日月が浮かぶ。


<絵柄のイメージ>

視覚を遮断し、近づく者が誰であれ攻撃しようとしている


<正位置の意味>

「均衡」「調和」板挟み、膠着状態、二択を突きつけられている


<逆位置の意味>

「二枚舌」「不誠実」良くも悪くも現状打破、見切り発車は失敗する



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



【王様と十本の剣 第二話】


 いよいよ隣国との戦争がはじまりました。しかし隣国の守りは堅く、なかなか攻め入ることができません。


 今はなんとか膠着状態を保っていますが状況は王様の国が不利。早くも全滅か降伏の二択を突きつけられています。


 兵や国民の間では「敗戦の原因は王様の見切り発車」と政治に対しての不誠実を指摘する声が多く、王様の苦悩は誰にも理解されません。


 ほどなく王様は隣国に降伏しました。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



「イキがって弱小国が戦いを仕掛けても勝てないでしょうに……私が国民でも批判するわ、王様ダサいって」


 フォークで分断されたカステラが、姉ちゃんの口の中に消えていく。スポンジ生地も王様も一刀両断だ。


「自分の国が大きくなれば民も豊かに暮らせるから……みんなのことを思って戦争を始めたと思ってよ」


 とか説明してみるが、俺も政治のことはよく分からない。

 裏設定で財源が乏しくなり自国に未来がないためとか、隣国が攻めてくる噂を聞いたとか考えたが、カードの解釈から離れすぎるので書かなかった。


 物語はあくまでもタロットの意味を覚えるための補助だ。

 絵柄の意味を組み込み、関心を向けてもらえればそれでいい。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



 カードの解釈は一点、目隠し二刀流の女性だ。


「この人は何をしている場面なの?」


「分かんないけど『王の命により、ここから先へは一歩も通さん』とか言ってそう」


「後ろには海しかないけど」


 せめて背景が門だったら格好がつくのに……ゲームなら「やや弱めの中ボス」といった雰囲気を感じる。


「正位置はぎりぎり均衡を保っている状態、逆位置は均衡が崩れて見えなかったものが見える暗示だよ」


「目隠しは現状を見ないってことかしら」


「意図的にね。現状を保つためにとる方法のひとつが、敵だろうが味方だろうが攻撃するって防御策。でも願わくば誰も近づいてこないでほしい。そんな二択が心の中で葛藤していて、緊張感のある絵柄になっているんだって」


 腕を交差しているのは心を閉ざしている表現だ。空に浮かぶ欠けた月も、安定しない心を表しているように見て取れる。


「問題を跳ね返すことで居場所を保っているのね。でもこれじゃ精神が消耗する一方よ。なんであれ現状に目をつぶるのは愚策でしかないわ。つらくてもしっかり現実に目を向けないと」


 社会で戦う人間の正しい意見だ。

 きっとカードの女性も分かってはいるのだろう。それでも剣を持ったのは、よほど切迫した状態なのか。相手の気持ちを汲んだうえで、優しく話しかけてあげたい。




※)タロットの絵柄を確認したい方はこちらをご覧くださいませ

↓ブログ「やっぱりたけのこぐらし」小アルカナ:ソードの絵柄紹介↓

https://takenokogurashi.com/tarot-arcana-sword


※)「王様と十本の剣」の参考にさせていただいたサイトはこちら

↓++ヨウコのタロット占い++ 小アルカナの意味早見表・ソード↓

http://www.3tail.net/tarot/card/sword.html

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます