カップのキング

玉座に座り、右手にさかずきを持つ王様。左手にはカップのような装飾が施された杖を持ち、首からは魚のネックレスがかけられている。

足場は海に取り囲まれている。左奥では魚が飛び跳ね、右奥では船が浮く。


<正位置の意味>

温厚で寛大、包容力がある、芸術性が高い、熱しやすく冷めやすい気まぐれさ


<逆位置の意味>

プレッシャーに弱い、気性が荒い、独りよがりで押しつけがましい



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



「昨日のクイーンと比べると、キングが質素に見えるわ」


 ぺろんとすくった茶碗蒸しを口に運ぶ姉ちゃん。確かにキングの絵柄は杯も普通の形で、玉座も安くはないがあっさりしている。


「クイーンは性質一致のブースト作用で豪華絢爛だったけど。キングのコートカードは火の性質。水とは相反するからマッチングが上手くいかないみたい。その証拠にほら」


 僕はキングの足元を指さす。


「足場は狭いし、背景を見る限り海のど真ん中。安定感のなさが表れている」


「安定うんぬん以前に、この絵柄はいじめられているとしか思えないんだけど」


「うん……何しちゃったんだろうね」


 キングは落ち着いているようだが「ヤバいヤバい大波来たら一瞬で飲み込まれて終了」と内心ひやひやしているに違いない。まさに水に囲まれた火を想像させる。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



「カップのキングは温厚で寛大、器の大きい人物。クイーンと同じく美的感覚に優れるも、熱しやすく冷めやすい一面が垣間見える」


「まさに火と水ってわけね」


「逆位置だとたちまち気弱で重圧に弱い性格になるんだ。よく言えば優しすぎて言いたいことが言えない状態かな。あとは気分に波があり、自分勝手に吠えまくって後で後悔する」


 説明しておいてなんだけど、さんざんな王様だ。ちょっと国を任せるにしては不安な部分がある。


「水のコートカードはどれも逆位置になると心の乱れがすさまじいわね」


「ちょっとの揺らぎで水面が乱れる点を暗示しているんじゃないかな。感情も行き過ぎるとこんな人間になる、っていう戒めかもね」


 逆位置を引いた場合は気持ちを乱さず、判断や行動することを心がけよう。

 水のスートが教えてくれるのは明鏡止水の心がけだ。




※)タロットの絵柄を確認したい方はこちらをご覧くださいませ

↓ブログ「やっぱりたけのこぐらし」小アルカナ:カップの絵柄紹介↓

https://takenokogurashi.com/tarot-arcana-cup

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます