カップの7

空を見上げる一人の人物。カードには影になった背中が描かれている。

宙に浮かぶ雲間から七つのさかずきが姿を見せる。

一つにヴェールを被る女性が入っていて、周りの器には女性の顔、蛇、尖った岩、色とりどりの宝石、月桂樹の冠、トカゲが入っている。月桂樹の杯には骸骨が浮かぶ。


<絵柄のイメージ>

ヴェールを被る女性が、一人の人物に望みの品を与えようとしている


<正位置の意味>

「妄想」「混乱」「優柔不断」都合のいい想像、現実的ではない選択、甘い見通し


<逆位置の意味>

「平常心」堅実な選択、本質を見極める、問題点を見定めた結論



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



【Calm water surface 第七話】


 夢を見た。霧がかった視界には様々なものが入った杯が浮かんでいる。ヴェールを被った女性が言う「必要なものを選びなさい」と。


 高価な宝石、仕事での成功……どれも魅力的だ。僕の頭はぐるぐる回り混乱する。手を伸ばせば簡単に手に入るなんて、素晴らしい世界だ。


 気が付くと霧が薄くなっている。それにともない思考が落ち着きはじめ、杯への興味が消えていく。現実は甘くない。欲しいものほど努力して、苦悩して、ようやっと手に入る。


 答えが出た瞬間、ぼくは布団の中にいた。カーテンの隙間からこぼれる朝日が眩しかった。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



「これは外見に惑わされず、本当に必要なものを選べっていうカードなんだ」


「なんか独創性の高いパフェを並べたみたいな絵柄ね」


 そういう姉ちゃんの目の前にはカラフルなマカロンが入った箱。別の店に異動する人からもらったそうだ。俺もひとつもらったけど美味しかった。


「杯の中身は何を象徴しているの?」


 調べた結果はこうだ。


 カラフルな球はお金。

 月桂樹の冠は名誉。

 女性の顔は異性。


 左の尖った岩みたいなのはお城で、力を象徴。

 ヘビは賢さ。

 トカゲみたいなのはドラゴンで権力を表すようだ。


「なるほどね。どれも人間が欲しい欲だわ。あんただったら何を選ぶの」


「僕だったらお金かな」


「そうなの? てっきり賢さを選ぶと思ったのに」


「賢さっていろいろあるじゃんか。知識量とか判断力なら欲しいけど、計算能力とかだったらいらない」


 暗算がめっちゃ早くなってもコレジャナイ感が強い。


「夢の話なんだから理想でいいのに……あんたって変なところで現実的よね」


「そういう性格だからしょうがないの。それよりカードの勉強だよ。ポイントは月桂樹の入った杯なんだ。よく見て」


「……あ、杯に顔みたいな模様が浮かんでるわね。これって骸骨?」


「欲しいものをくれてラッキーみたいなカードだけど、見た目に騙されるなってメッセージが込められているんだ。選んだらハズレ」


 このカードは正位置がネガティブ、逆位置がポジティブな意味を持つ。重要なのは外見より中身、物事の本質を見極めることが必要だ。




※)タロットの絵柄を確認したい方はこちらをご覧くださいませ

↓ブログ「やっぱりたけのこぐらし」小アルカナ:カップの絵柄紹介↓

https://takenokogurashi.com/tarot-arcana-cup


※)「Calm water surface」の参考にさせていただいたサイトはこちら

↓++ヨウコのタロット占い++ 小アルカナの意味早見表・カップ↓

http://www.3tail.net/tarot/card/cup.html

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます