カップの5

肩を落としてたたずむ男性の後ろ姿。全身を黒いマントに包んでいる。

左側には倒れたさかずきが三つ。赤や緑の液体が地面に流れ出ている。

右側には立ったままの杯が二つ。

男の奥には川が流れ、橋や建物も見える。


<絵柄のイメージ>

杯が倒れて男性ががっかりしている。


<正位置の意味>

「失望」「損失」「傷心」期待外れの結果、立ち直れない、全てを失ってはいない


<逆位置の意味>

「復帰」「再会」「希望」良い知らせが舞い込む、再出発の道が見える



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



【Calm water surface 第五話】


 妻もぼくと同じ気持ちだった。

 今の生活がつまらなくて仕方がない。以前のような愛はないと。


 苦しげに漏らす妻に勝手ながら失望。それくらいぼくの心は傷ついたんだ。杞憂きゆうだったらどれほどよかったか。さすがに離婚までは進展しなかった。


 以前の気持ちが戻る予感はない。再出発しようにもきっかけがない。今のぼくたちに希望は見えない。


 家では最低限の会話も危ういほど、お互いの心は冷めきっていた。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



「私、追い詰めるつもりはなかったの」


 姉ちゃんがかじっていたフライドチキンをそっと器に戻した。


「まさか家庭崩壊の危機にまで発展するなんて……大事な仕事ミスって上司から怒られろとか思ってごめんなさい」


「そんなこと思ってたんだ……」


「あんたもここまですることないじゃない。小説って心を鬼にしないと書けないの?」


 俺はフラットな気持ちでしか書いてないけど。憎くてこんな展開にしているわけじゃないし。でもしんどい状態とは他人事レベルで思っていた。


 将来もし結婚できたとしても、俺はこうならないように気をつけよう。

 


 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



「しかし見事な落ち込みっぷりを表している絵柄ねー」


 背中で語りすぎている。哀愁レベルはMAXだ。


「解説をすると、失望する人物は過去を意味する左側を向いている。今までのことを振り返っているんだ。マントの黒は悲しみの色なんだって」


「昔を振り返ってがっかりしているってことか。しんどいわ」


 ちなみにこの人物の性別はいまいちハッキリしていない。明確にしないことで、性別を超える悲しみを表現しているらしい。


「それと足元の杯について。倒れている左側の三つは喪失の暗示」


 こぼれた中身は赤や緑の水たまりを作っている。赤は情熱、緑は穏やかさとかかな? いずれにしてもポジティブな気持ちだろう。


「対照的に右側の二つは倒れていない。つまりすべてを失ったわけではない」


「残っているものがあるのね」


「どん底の時は自分がもう空っぽみたいに思うけど、実際は失われずに持っている場合もある」


 難しいけれど、自分を客観的に見るようにしたい。




※)タロットの絵柄を確認したい方はこちらをご覧くださいませ

↓ブログ「やっぱりたけのこぐらし」小アルカナ:カップの絵柄紹介↓

https://takenokogurashi.com/tarot-arcana-cup


※)「Calm water surface」の参考にさせていただいたサイトはこちら

↓++ヨウコのタロット占い++ 小アルカナの意味早見表・カップ↓

http://www.3tail.net/tarot/card/cup.html

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます