カップの4

丘の上で胡坐あぐらをかいて腕を組む男性。背には一本の木。

男性の目の前には三つのさかずきが置かれている。

空中には小さな雲が浮かんでいて、雲間から手が伸びている。その手には杯が握られ、男に差し出されている。


<絵柄のイメージ>

悩む男性に不可思議な手が杯を贈っている


<正位置の意味>

「倦怠」「退屈」「不満」物足りなさ、環境に対して飽きる、マンネリ状態


<逆位置の意味>

「斬新」「開拓」新たな関係、現状から変化、結論から行動に移る、マンネリ打破



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



【Calm water surface 第四話】


 今のままでいいのだろうか。

 結婚して数年、ぼくは生活に疑問を抱いていた。


 幸せだとは思う。でも結婚当時と比べると物足りないと言うか、退屈と言うか……あの頃の満たされていた気持ちはもう、どこにもない。


 何か現状を変えることはできないのだろうか。マンネリを打破する斬新な提案、妻とのより良い関係を開拓したい。


 一体、何が原因なのか。妻とも話し合ってみよう。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



「やっぱりね。こうなると思ったのよ」


 昨日は不気味の森に住む魔女のような笑いを浮かべていた姉ちゃん。今日はすべてを知る万能の神が如く余裕を浮かべて、みたらし団子の蜜を舐めている。女は怖い。


「私は幸せを掴む努力をしていないんじゃない、その分のリソースを仕事に回しているだけなの。個人との関係より法人との関係の方がよっぽど信頼できるわ。だから全然焦ってなんてないの。ぜーんぜん」


「誰に言ってるのさ……」


「それにしても急展開ね。一体なにがあったの?」


「いろいろあったんだと思う。倦怠期けんたいきっていうの? そういうのあるんでしょ?」


 姉ちゃんは「しらなーい」と二本目の串を手に取った。


 ファンタジーなら最初から想像だと割り切って考えられるが、現実的なことはとたんに難しくなる。特に恋愛関係は経験がものをいうと日々痛感している。


 こんなことなら積極的に彼女を作る努力をすればよかった。

 過去の自分に伝えたい。小説の肥やしにするために恋愛しとけって。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



「この人はどんな気持ちなの? 困っているのか、つらいのか……絵柄の表情だとイマイチ読み取れないわ」


「これは不満を抱えているんだ」


 男は目の前に三つも杯があるのに満足していない。謎の手が四つ目を差し出してもまだ納得がいかない。そんな場面を切り取っているらしい。


「つまり恵まれた状況に不満を抱いているってこと」


「贅沢者ね。現状でいったん満足しておけばいいものを」


 ちなみに雲から伸びる手は神の奇跡でもシュールなイラストでもなく、他者の手助けを表現しているらしい。

 手を差し伸べてくれているにも関わらず不満。困った男だ。


「あとカードの意味は変則的で正位置がネガティブ、逆位置がポジティブな意味を暗示する。読み取りには気をつけないと」


「ひねくれたやつ。人間は素直が一番なのに」


 カードの男も姉ちゃんには言われたくないだろうなあ……。




※)タロットの絵柄を確認したい方はこちらをご覧くださいませ

↓ブログ「やっぱりたけのこぐらし」小アルカナ:カップの絵柄紹介↓

https://takenokogurashi.com/tarot-arcana-cup


※)「Calm water surface」の参考にさせていただいたサイトはこちら

↓++ヨウコのタロット占い++ 小アルカナの意味早見表・カップ↓

http://www.3tail.net/tarot/card/cup.html

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます