ワンドの9

頭に包帯を巻いた男が立つ。一本の木の棒を支えにして、背後を見る。

男の後ろには八本の木の棒が垂直に立っている。


<絵柄のイメージ>

怪我をした男が木の棒を支えにしている


<正位置の意味>

「抵抗」「準備万端」「不屈」強い対抗、現状維持からの逆転狙い


<逆位置の意味>

「障害」「逆境」消耗戦、準備不足、良い結果に結びつかない抵抗



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



【商人シーマの大陸繁盛記 第九話】


 木材で作った急ごしらえの防衛柵を突破されたら、成す術はない。

 シーマは満身創痍だが、その目は今もなお輝きを放っている。


 劣勢の持久戦と状況は好ましくない、だが逆転の可能性はある。

 今は現状維持と機が熟すのを待つ。窮鼠は猫を噛むのだ。


 激しい消耗は精神を蝕む。握りしめる棒の先が震える。


 故郷から迎えの船が到着するまであと少し。それまでは堪えなければ。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



 姉ちゃんはプリッツをカリカリかじっている。

 最近木の棒ばかり見ているせいか、ワンドにしか見えない。


「たしか国民の反感を買って追い込まれたんだっけ。それで籠城しているわけね」


「パッと見はね。でも絵柄のとおり、木の棒を適当に立てただけじゃ何の防御にもならない」


 普通はどこかに身を隠すものだが、戦う姿勢を見せているのが立派だ。熱意や目的を捨てていない。一発逆転のチャンス狙いという意味が絵柄にも表れている。


「上下どっちの位置にしても劣勢を暗示しているんだけど、正位置の場合は背水の陣で戦えば可能性はゼロじゃない。希望はあるかな」


「つらくても現状維持を貫く意味を感じられるのね」


 ただし追い風に上手く乗るためのタイミングは重要だ。気は抜けない。


「一方、逆位置は頑張ってもジリ貧で結果には結びつかないという暗示」


「早々に現状をたたむ方が良さそうね」


「軽率とか無防備とか準備不足なんて意味があるから、過去の行いが現状を招いているってことかも」


 それを今さら指摘されても困るけど。


 今回の失敗を教訓にして次の成功に生かす。そんなポジティブな捉え方をすればいいだろう。未来がないとは言っていないので前進はできる。




※)タロットの絵柄を確認したい方はこちらをご覧くださいませ

↓ブログ「やっぱりたけのこぐらし」小アルカナ:ワンドの絵柄紹介↓

https://takenokogurashi.com/tarot-arcana-wand


※)「商人シーマの大陸繁盛記」の参考にさせていただいたサイトはこちら

↓++ヨウコのタロット占い++ 小アルカナの意味早見表・ワンド↓

http://www.3tail.net/tarot/card/wand.html

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます