ワンドの6

頭に月桂樹の冠を被った男が馬に乗っている。右手には木の棒を持ち、先にはリースが結びつけられている。

馬の奥には並んで歩く男たち。みんな木の棒を一本ずつ持つ。

男たちの姿ははっきりと見えないが、青空には計六本の木の棒が掲げられている。


<絵柄のイメージ>

凱旋する集団。喜ばしい出来事を想像させる


<正位置の意味>

「勝利」「躍進」「恋愛成就」物事が思うように進む、良い知らせが舞い込む


<逆位置の意味>

「敗北」「浮気」立場は劣勢、裏切りの予感、計画の延期



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



【シーマの大陸繁盛記 第六話】


 シーマの采配さいはいにより隣国との闘いに打ち勝った。若き兵を引き連れての凱旋は賞賛で溢れている。


 舞い込んだ朗報に歓喜する民。国は躍進し、みなの意識は明るい未来に向くだろう。だが勝利はシーマ一人の功績ではない。全員のチームワークがあってこそだ。


 初めは劣勢だった戦も、シーマの懐柔かいじゅうによる敵側内部の裏切りや、疑惑の噂を流すなど情報戦が功を奏した。浮気心が敵国の敗北を招いたのだ。


 物事は順調だ。次の段階へ進もう。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



 今回の話を読んで、豚の生姜焼き弁当を食べていた姉ちゃんの手が止まる。


「シーマすごすぎない? というかもう商売人じゃないけど」


「軍師にジョブチェンジしました。商いで培ったノウハウを生かして国を勝利に導いたんだよ」


「突飛な展開……とも言い切れないか。今で言えば流行の先取りや地域性の読み取り、ライバル店の分析は業界で生き残るために必須だもんね。その知識を戦争に流用したと考えれば、やっぱりシーマには商才があるのね」


 最近思う。俺がまったく考えていなかったことでも、姉ちゃんは自分で中身を補完する。しかもそれっぽい理由に聞こえる。説得力のある文章作りの勉強になるなあ。



 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



「正位置は勝利、逆位置は敗北っていうのが覚えやすいな」


 騎乗する男が被る月桂樹の冠は勝利を暗示している。歩く者ではなく馬に乗る者が身につけているのは、リーダーとしての成功が強く示唆されているから。


「恋愛要素も含まれているのね。正位置が成就、逆位置が浮気」


「逆位置には裏切りとかうぬぼれ、疑惑なんて意味があるからね」


 いずれにせよ第三者——協力者がいての勝利、あるいは敗北。


 自分に関わる人間にも配慮が必要だということを教えてくれるカードだ。




※)タロットの絵柄を確認したい方はこちらをご覧くださいませ

↓ブログ「やっぱりたけのこぐらし」小アルカナ:ワンドの絵柄紹介↓

https://takenokogurashi.com/tarot-arcana-wand


※)「商人シーマの大陸繁盛記」の参考にさせていただいたサイトはこちら

↓++ヨウコのタロット占い++ 小アルカナの意味早見表・ワンド↓

http://www.3tail.net/tarot/card/wand.html

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます