第24話 イラスト教室へようこそ!(前編)

 朝から秋月の様子が変だ。俺の顔を見てはニヤニヤしたり、微妙に避けられてる気がする。


 ああいった相手の行動を伺いながらコソコソした行動をしている人間は、何かを企んでいるケースが多い。と思うがいったい何なんだ?


~ 放課後 ~


 下校の時刻を迎えたが秋月からのアクションは特に無く、当の彼女はさっさと帰ってしまった。肩透かしを食らった上に、警戒してた自分がアホらしい。それとも自意識過剰だったか? 彼女の行動に特別な意味は無かったのかもしれない。





 今日の放課後は週一で通っているイラスト教室の日だ。駅から少し離れた雑居ビルに教室はある。古びた建物の階段を登り、教室のドアを開ければそこは紙とインクの匂いと、創作意欲に溢れた仲間達が集う憩いの場所だ……ったはずだ。


「なぜ、お前がここにいる?」


 教室のドアを開けると教室のイスに座っている秋月がいた。


「今日は体験入学できました(ドヤァ)」


 秋月は俺の驚いた顔を見て、してやったりとドヤ顔だ。今日の朝から学校でニヤニヤしていたのはこれを狙っていたからだったのか……俺の驚いた顔を予定通り見れて彼女はさぞ満足であったろう。


「朝からコソコソしてたのはこういう事だったんだな」


「何の事か分かりませーん」


しらばっくれてる秋月を見ると、こいつ意外と子供だなって思う。


「で、なに? 秋月も絵を描くのか?」


 秋月が絵を描いてるとは聞いた事が無い。


「違うわよ。アンタ言ってたでしょ? 小説とかシナリオ書いてる人もいるって」


 確かにそう言ったがアレはレアケースだったりするのだが。


「まあ、確かにいるとは言ったな」


「だから、私の新しく書き始めた小説を読んでもらって、評価してもらったり、アドバイスを貰おうと思って来たの。やっぱり人に読んでもらって、率直な意見を聞かないと駄目な事が分かったわ。客観的に自分の小説を評価するのは難しいというか、私には無理」


 俺は小説を書いた事が無いが言いたい事は分かる。小説はイラスト以上に、読む人を選ぶだろう事は想像に難くない。


「いよいよ新しい小説を書き始めたんだな。『めざし』には、まだ投稿してないよな?」


「ええ、書き溜めてから投稿するつもりよ。毎日投稿しないと『めざし』では埋もれちゃって、読者の目に留まる事すら出来ないから」


 小説の投稿数も半端ない数だろうから、埋もれてしまうのは仕方が無いが、執筆する人達も色々と苦労しているようだ。


「ねえねえ! この超可愛い子は冬人くんの彼女?」


 教室の女性の生徒さんが秋月を指差しながら詰め寄って来た。


「こんにちは、かっちーさん。言っときますけど、ただのクライスメイトですからね」


 かっちーさんは年上の明るいお姉さんで、BLをこよなく愛する教室のムードメーカーだ。


「じゃあ、冬人くんを追っかけて、この教室まで来たとか? なんて健気な!」


 あ、この人全然聞いてないや。キラキラした目で秋月に話し掛けている。


「友火ちゃんっていうんだ? 冬人くんのどこを気に入ったの? 冬人くんはね普段ボーッとしてるけど、凄く良い子なんだ。絵も上手いしね。教室では人気者なんだよー」


「え、えと、彼女でも無いし、追っかけてきた訳でも……ないんですけど……」


「えー? でも、冬人くんが教室に通ってるから体験入学で来たんだよね?」


「ええ、まあ……」


 かっちーさんの一方的なトークに、歯切れの悪い反論しかできずに、借りてきた猫の様に大人しくなる秋月。


「ほら、冬人くん! こんな可愛い子が追っ掛けて来たんだから、ちゃんと責任取りなさいよ!」


 かっちーさんの中では、秋月が俺を追って体験入学に来たのは確定事項のようだ。それにしても責任って何だよ。


「あ、あの……」


 当の秋月は何かを言おうとしているが、かっちーさんの勢いに困惑気味だ。


「かっちー、口より手ぇ動かしましょう」


 教室のオーナーで、講師でもある森山先生に注意されるかっちーさん。お喋りより絵を描けって事だな。


「はーい、ちゃんとやりまーす」


 ちゃんとやります、と言いつつも、かっちーさんは脱線しがちな人だから長くはない続かないだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます