第10話12ヶ月寿限無の練習

「わかりにくい」

 

 この前の12星座の時も思ったけれど、リツのやつ。なんかひとに前提として知識を求めるのよね。後半のオチの意味がわからない。ああそうですか、『そんなことも知らないのか』とあたしを馬鹿にしたいのか。


「ええと、前半の月の名前の日本の昔の言い方と、英語のほうを比較していくくだりはまあいいかな。日本の昔の言い方の由来も説明されてたし、英語のほうも聞いたことくらいはあるからいいけれども……後半はさっぱりよ。どうせ、この前の12星座みたいに神話かなにかの元ネタがあるんでしょうけれど、みんながみんな、少なくともあたしが知っていると思わないでよ。ちゃっちゃっと説明しなさいよ。あんたの文章読む方に不親切なのよ。後半の始めの所の『出入り口に手をはさみそうになった』ってどういうことよ!」


        「それは、Januaryの語源がローマ神話のドアと出入り口の神のヤヌスだから……」

「なら、まずそれを読む人に知らせておきなさいよ。どうせ、その後のジャニュアリーフェブラリーマーチエイプリルメイジューンジュラーイオーガストセプテンバーオクトーバノーベンバーディセンバーちゃんがどうのこうのってのもなにか元ネタがあるんでしょうけど、知らない人には何が何やらチンプンカンプンなんだから」


         「でも、文章の最初にJanuaryの語源とか書いたら誰もよんでくれないよ」

 それもそうか。いきなりそんな教科書みたいなこと読まされてもなあ……そういえば。


「あんた、落語にはまくらってのがあるんでしょ。鈴木先生に聞いたわよ。なんでも、話の本筋に入る前にちょっとした小話から始めるのが普通見たいじゃない。なんで、この前の12星座のやつにはそれが書いてなかったのよ」


      「それは、まくらってのはたいていアドリブでやるものだから……」

「なにがアドリブよ。だったら、そう『アドリブ入れろ』とか書いておきなさいよ。そもそも、アドリブなんてあたしにはできないわよ。そうだ。まくらとして、英語の月の名前の言い方の由来を説明することにしましょう。それなら、あんたの話の面白さが伝わるかもしれないから」


      「でも、そんな学校の授業みたいなまくらなんて聞いたことないよ」

「うるさいわね。その学校の授業でやるようなことを前提知識として要求する話を作るあんたが悪いのよ。それを、あたしがまくらとして補ってあげるって言うんだから、解説を続けなさい。次の、『お月様を見たい』てっのはどういうこと?」


     「Februaryの語源がローマ神話の月の女神のフェブルウスだから」

「またローマ神話? 12星座の時はギリシャ神話で、今度はローマ神話? この後もローマ神話ばっかり出てくるの?」


     「うん。英語の月の名前がローマのユリウス・カエサルが作ったユリウス暦をもとにしてるから」

「なら、それを最初に言っておきなさい」


  「ごめん」


 別に謝る必要ないってのに。それにしても、こいつ変なことはよく知ってるな。


「で、『戦争映画に興奮して行進曲のマーチを歌い始めちゃったんだ』はどういうことなの」


    「Marchが、ローマ神話の戦争の神様のマルスに由来してて、行進曲のMarchとつづりが同じだから」

「ふうん。なんで行進曲はMarchって言うの?」


   「昔のローマだと新年が三月で、暖かくなるから軍隊を動かしたからって説がある。諸説あるけど」

「なるほどねえ。それで、『戦争映画に興奮して行進曲のマーチ……』ってことになるのね。じゃあ、、『こんな長ったらしい名前はいやだ。名前はビーナスがいい』はどういう意味なの?」


   「April が、ローマ神話の愛と美の女神ウェヌスにちなむんだけど、

   日本だとウェヌスが英語読みで『ビーナス』になるから」

「なるほどね。ウェヌスなんてたしかにあたしも聞いたことがないわ。で、『自分の名前を略したい』ってのはどういうことなの?」


   「英語だと五月の『May』だけが、略称がないんだ。英語名の略称は3文字でしょ。

   JanuaryがJANみたいに。でも、もともと三文字の五月は略称が無いんだ」

「ほお。それはいい雑学ね。そういうのでいいのよ。じゃあ、『結婚したい』は……あ、これはわかるわ。ジューンブライドだからでしょ」


 「そう。ローマ神話のユノが結婚の女神で、英語読みだとジュノーになるからジューン。

 結婚の女神の月だからジューンブライド」

「そうなの。あたしは六月は雨が多くジメジメした薄暗い雰囲気だから結婚する人が少ない事に困ったブライダル業界がしかけたイメージ戦略だって聞いたけど」


 「ヨーロッパの六月は長い冬が明けて花が咲き始める時季だから開放的で明るいムードなんだ。

 だから、六月に結婚すると幸せになれるって言い伝えができたんじゃないかな」

 結婚ねえ。こんなぼそぼそとしかしゃべれないやつに結婚とかできるのかね。


「『自分の名前を日本でも月の名前として使え』ってのは?」


 「ジュラーイはジュリアス・シーザーが、オーガストはアウグストゥスが自分の名前を月の名前にさせたから」

「ああ、だから『ローマの皇帝にでもなったつもりだってのかい』なんてセリフが出てくるのね。で、この後がわかりにくいわね」


 「だって、『とりあえず作って来い』なんて言うから形にだけしようと思って。

 自分でも、最後らへんがいい加減だなってわかってるよ」


「あ、ごめんね。じゃ、じゃあ説明するだけしちゃってよ。そこから、聞いてる人がわかりやすくなるようにしていきましょう。ね、決まり」


 「別にいいけど……」

 文章書いてくるようには言ったけれど、こんなに早く作ってくるとは思わなかったな。しかも、〆切に追われる小説家みたいに最後をいい加減にさせちゃったみたいだし。『7番目、8番目、9番目、10番目』とか、『9月、10月、11月、12月』とか言われてもなあ。


 「September、October、November、Decemberが、それぞれ

 7番目、8番目、9番目、10番目の月って意味なんだ。ラテン語で7番目、8番目、9番目、10番目を

 意味する接頭語のseptimus、octavius、novem、decimusに由来してるの」

 ラテン語と来たか……8番目がOctober。

「ねえ、タコのオクトパスと8本足って何か関係あるの?」


 「あるよ。そもそも8本足だからoctaviusにちなんでオクトパスなんて名前になったんだ」

 なるほど。それならまだ聞く人の興味を引くかもしかしそれ以外はなあ。


 「七重奏曲をセプテットって言うんだよ。これもseptimusにちなんでるんだね。

 『亡き王女の為のセプテット』って曲があるんだよ。ほらこれ。


 お、リツがスマホで動画見せて来た。結構な再生数じゃない。有名な曲なんだ。


 「デシリットルは10分の1リットルだよね。でかがデカが10で、デシが10分の1」

 ほう。それならdecimusもなんとか。


 「ローマの暦が3月から数えてたから、今の9月、10月、11月、12月が

 7月、8月、9月、10月だったんだ。それが、ドアの神様のヤヌスを年の入り口の1月に

 したから二月分ずれちゃったんだね」


「なるほどね。10番目とか12番目とかの話になったから太郎、次郎、三郎、四郎、五郎、六郎、七郎、八郎、九郎、十郎、与一なんてのを出してきたってわけね。与一は余り1ってことね」


 「そう。昔は子だくさんだったから、名前の付け方も適当だったみたい」


「最後の閏月うるうづきってのは?」


 「江戸時代は月の動きを基準とした太陰暦だったんだけど、それだと太陽の1年とずれちゃうから、

 余分に月を入れることがあったんだ。それが閏月」


「なるほどね。あんたの今回のお話に必要な前提知識は大体わかったわ。これをまくらにすればいいのね。リツ、楽しみに待ってなさい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます