27 王都街道の十字路で

 円形劇場を過ぎて、祭りあとの町はすっかり落ち着いていた。

 人通りも少なく、マルコとアルは横に並んで歩くことができた。

 マルコが話しかける。


「アル、あのさ……」


「……なんだい?」


「アルとアエデス様って、いつから知り合いなの?」


 マルコの質問に、アルは驚いた。

 少し考えた後、アルはマルコを真っすぐに見つめて言った。


「マルコ、私は子どもの頃、父と母をくしていてね。その時、アエデス様が、私を王都にある魔法学院アカデミーまで連れて行ってくれた。

 母代わり、という感じではないけれど……うーん……師匠かな?

 術を教わったこともあるから」


「そうだったんだ。ごめんね。立ち入ったこと聞いちゃって」


 マルコは歩きながら、肩をすくめて下を向いた。

 アルは、そんな彼を見つめたまま続ける。


「いや、いいんだ。マルコにはそろそろ知っておいて欲しかった。

 ……マルコはあの時、ゴードンに紹介した時、ご両親のお名前を言ったよね?」


 マルコは驚いて顔を上げた。

 今度はアルが肩をすくめてマルコの様子をうかがっている。

 マルコは、アルの顔を真っすぐ見て答えた。


「そう。僕には両親がいる。……あの時は、とっさに名前が出たんだ。

 ……だけど、そのほかの事は、何も……」


「無理……しなくて大丈夫。そして、この仕事が終わったら必ず君を帰すよ。約束する」


 そう真剣な顔で答えると、アルは道の進む先へと顔を向けた。


 しかし、マルコはまだ何かが引っかかっていた。

「そもそも僕は、この地に来る前は……本当に男だったんだろうか?」急に浮かんだその考えにとらわれると、頭の中が混乱して、マルコは不安に襲われた。

 しかしその時、彼の脳裏に、あの黒髪の少女があらわれる。


「マルコ。混沌の気は、いつも近くにある!

 それと上手につき合うことが大事!」


 マルコの妄想の中では、後ろ姿の全裸の少女は、その少女のままだった。

 彼は、そのはげましで何とか気持ちを切り替えると、やっと道の先へと顔を上げることができた。


     ◇


 テンプラムの町が終わり、王都街道へとつながる十字路。

 道しるべとなる古びた石柱には、羽を休める鳥たちが何羽も留まっている。


 アルは、いよいよ町を出る事をマルコに伝えようと思い、彼を見た。

 しかしマルコは、先ほどからニヤニヤと不気味なみを浮かべたままだ。

 アルはあきらめ、ふと石柱の方へと目をやった。すると、見たことのある姿がある。

 アルの口もとが、自然とゆるんだ。


「ゴーディ! ゴードン・ゴルディロックス!」


「アル! アルフォンス・キリング!」


 二人は手を広げて駆け寄ると、しっかりと抱き合った。

 今回は、ドワーフの頭突きはなかった。

 アルが陽気な声をあげる。


「どうしたの?

 今日は奇遇じゃなさそうだ。もう神官戦士団は帰ったと聞いたけど?」


「う、うむ。あれらは、何事も無く王都に戻るだろう」


 そう言って、ゴードンは照れたように大きな鼻を指でかいた。が、マルコと目が合うと、あわてて声をあげ駆け寄る。


「マルコ! マルコ・ストレンジャー!」


「ゴードン!」


 ゴードンとマルコも抱き合う。

 そして、ゴードンは思い出したように大声をあげた。


「そうそう! 我らの自己紹介は途中であった! マルコの御父母のお名前以外も––––」


 さえぎるように、マルコは声をふりしぼって叫んだ。


「ゴードン! 実は僕は、アルに召喚されて、他の世界からきた異邦人なんだ!」


 すると、ゴードンとアルは石のようにかたまった。

 だが、やがてゴードンは、おだやかなみを浮かべる。


「なるほど……。異邦の方か。

 それではなおの事、道すがら、互いの紹介が必要であろう」


 ゴードンはそう言って、マルコの肩に、大きなごつごつした手を優しく置いた。

 もはや喜びを隠しきれないように、ゆるめた口もとに手をあてて、アルが尋ねる。


「ということは?」


「王都ドワーフ神官戦士団隊長ゴードンは、ただ今より、神の善意、そして神の悪意の運び手の、護衛の任にく!」


 野太い声で、ゴードンが高らかに宣言すると、マルコとアルは歓声をあげて彼に飛びついた。


 古びた石柱に留まっていた鳥たちが驚き、次々と空に舞い上がる。

 空は、雲ひとつない初夏の陽気。

 石柱からのびる石畳の道は、曲がりくねりながら遠くまで伸びている。

 右手には果てしない草原、左手にはぼんやりとした森が、どこまでも続いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます