6 神話 第二の民ドワーフの誕生

 夕焼けが、テンプラムの町の神殿参道を赤く照らしていた。

 神殿の背後にある夕日は、まるで神聖な後光のように見える。

 石柱と石板の影が、マルコとアルに近づくように、手前に長く伸びていた。神殿への道を登りながら、アルが不安そうにマルコに尋ねる。


「……マルコ。君は、ドワーフについては知ってるの?」


「まあ、おとぎ話の、ドワーフ小人くらいなら」


 そうマルコが答えると、アルは安堵の表情を浮かべたが、すぐに鋭い目つきになった。


「念のため、第二の神もちゃんと説明しよう。ドワーフはエルフ以上に、私たちの社会に溶け込んでいるから。……マリスに関わる、第三の神は、その後で。

 ……それで授業は終わりだから、ね?」


 そう言って、つかれたマルコが曖昧にうなずくのを確認したアルは、両側の石板をきょろきょろと見回した。お目当ての石板を見つけると、無邪気な笑顔をマルコに向けて、嬉しそうに何度も指を差した。


 第二の神が描かれているという石板は、保存状態は悪くはなかった。

 中央には、頭が大きく、ずん胴で、横幅のある大きな人の形が彫られている。両足が大地をしっかりと踏みしめている様子もうかがえた。

 その大きな人の背後には端から端まで山が描かれている。その中や周囲に、たくさんの小さい人の形が彫られていた。

 また下の方には、湖か海のような形が、細かく彫り刻んであった。


「諸説ある部分は省略して、定説だけ言うと……。第二の神はちょっと面白くて、この神様は、大地と取引する時に自らの身体を差し出すことはしなかった。

 そうではなく『永久に大地を愛し、離れない』という約束をしたんだ。大地は、その取引を受け入れた。

 そうして、美しい山々が隆起して現れ、その地中までいろどることができる第二の民、ドワーフも生まれたんだ。

 ……さて、マルコ、この神様はどうなったと思う?」


 アルがそう問いかけると、もうつかれてしまったマルコはおもてを上げて、首を横にふった。

 アルは気を悪くせず、逆に嬉しそうに続けた。


「なんと! 第二の神は、ひと時たりとも大地から身を離すことができなくなってしまった。

 例えば、飛んだり跳ねたりすることができない。

 不便なのは、歩く時も、片足ずつ必ずどちらかが地面に接してなければならない。なので、走ることもできない。

 そして、水にも入れなくなった。

 最後に、これは自ら望んだ通りだけど、この神は天上に帰ることもなく、その民や山を愛し続けたんだ」


 黙って聞いていたマルコが、何か言いたそうに、湖か海の形を指さそうとする。するとアルは、さりげなくその手を握って向きを変えた。


「さ、日が暮れる前に、最後の石板だ」


 とつぶやいて、引っ張るようにマルコの手を引いた。

 と思うと急に振り返って、こう付け加えた。


「だからといってね、マルコ。ドワーフたちに決して『走れないの?』とか『カナヅチ?』とか聞いちゃいけないよ。彼らは誇り高い民だ。

 ……それに、彼らもね、走ったり泳いだりが、全くできないわけじゃあないんだよ」


 と言って、何か思い出したように、ニヤニヤと顔をほころばせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます