4 お祭り前の町、天地創造の石板

「……それじゃあ、気を取り直して、まずはこの石板をご覧ください」


 かしこまったアルが、神殿がある丘のふもとの一枚目の石板を、手で示した。

 マルコは、食べ物につられて旅の目的地が決められているのでは? という強い疑惑と、それへの苛立ちは晴れなかった。が、周りに行き交う人も多かったので、どうにか気持ちを抑えた。

 そうなると、人の多さや街並みが珍しくもあり、気が散って、よりにぎやかな方へ自然と足が向いた。


「……あ、アル! 授業の前に、あの……、あっちの大きな広場は何?」


 マルコが指差す先には、彫刻が瀟洒しょうしゃな石柱と、その間から先に円形の石畳が見える。そして、その石畳の壇の周りを、扇状の石段が、何重にも取り囲んでいた。

 着飾った多くの人が、その石段に腰掛けて、飲んだり食べたり、笑顔で語らいくつろいでいる。


「……オホン! マルコ、あれはこのテンプラムの町に一つだけある円形劇場だ。

 明後日には、お祭りで一番注目される行事が、あそこで行われる」


 アルは、最初から授業の段取りを壊されたが、熱心に話しを聞いてくれるマルコの様子を見て、まんざらでもなかった。

 マルコがさらに聞く。


「そうなんだ……。あの人たちは何をしているの? 働いてないの?」


「え? ……ああ。あの人たちは、ほとんどが観光客だよ。明日から数日かけて開催される、お祭りを観にきたんだ」


「そのお祭りのために、こんなに人が集まるものなの? わざわざ遠くからも?」


「……そうだねぇ。大半は王都のお金持ちが、馬車を借りたり、自前の馬車で来るね。

 警備のために、王都の神官戦士団も派遣されている」


「ふうん……。あ! こっちの並んでいる石板は何?」


 急にマルコの好奇心に火が付いたようで、それに答えるアルは少しつかれた顔をしていた。

 だが、話しが石板に及ぶと、俄然、表情が明るくなった。


「そう! 壮観だろう? ここから頂上の神殿までに、55枚の石板がある!

 ……いや、あったんだ。だいぶ壊れてしまって、今では、かなり少なくなったけどね」


 マルコが、円形劇場を背中に丘の頂上を見上げると、両側には白っぽい石柱が重なって並ぶ。その間に、所々欠けたり壊れたりしているが、やはり白っぽい石板が並ぶ。

 一つ一つの石板には何かの絵が彫られていて、それが自分の視界の両側を埋め、神殿までのびていた。

 その光景は、まるで自分が絵の中に入り込んだような、何か大きな存在におそれを抱く気にさせた。


「それで……これはいったい何の石板なの?」


「やっと授業に入れそうだね! これは、このアルバテッラの地がいかにできたのか、天地創造を伝える神話をあらわしてるんだ」


 そう言ってアルは、上機嫌な笑顔になって、両手で、一枚目の石板を何度も指差した。マルコは、その石板の元に、あわてて駆け寄った。


     ◇


 大きな一枚目の石板には、髪の長い裸の女性が、片手をふり上げ、何か球を投げようとしている絵が彫られていた。マルコはさっそく質問した。


「アル! これは何? 手にはボールを持ってるの?」


「オホン! あー、一つ一つ話すからね〜。よく聞くように。

 ……この女性の姿で描かれているのは、全てのはじまりにいらっしゃった太陽神だ。

 今も昔も一番信仰されているので、御名もよく知られている。王都から南では、太陽の女神ソル、北方ではソール、山脈の東ではアマテラなどとも呼ばれ––––」


 マルコは、「これはつまらない授業になりそうだ」と警戒し、知りたかった球体に近づいて、アルに必死に目配せをした。


「あ! 待って! マルコ。今、話すから。よぉく聞くように。

 あー……、女神が手に持つ球体が、……この大地のはじまりなのです。

 まとめると、これは『はじめ女神は、暗闇の中でその塊を手に取ると、力の限り投げつけた』という絵です。

 はい。じゃあ次行ってみよう」


 アルはマルコを促し、反対側にある一番目––––そちらが二枚目にあたるのだろう––––の方へ歩き出した。


 マルコは「道を交互に歩く授業なのか」と驚き、また、その進みの遅さに不安になった。

 ふと上を見ると、神殿は遠くに見え、気も遠くなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます