キョショクのシキ

作者 藍染三月

4

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

学校になじめない女の子、『聖』は、『金持ちお嬢様』の仮面を被ることで、スクールカーストの頂点に立っていた。が、決して楽しい学校生活ではなく、いつ立場が零楽するかわからないサバイバル状態のクラスに、聖の居場所は実質『無い』も同然だった。
ある日、昼食時間に教室を抜け出した聖は、『志弦』という名の女の子が、女子トイレで胃の内容物を吐き出しているのを目撃する。
美しい人形のように端正な容姿の『志弦』が、人間らしい醜さをさらけ出していることや、非日常的なシチュエーションに、目を奪われた聖は、翌日から、昼食時、今まで仲良くやっていたグループを抜け、女子トイレに向かい、拒食症の美しい少女『志弦』と昼を一緒に過ごすことにした。
他者に迎合しない『志弦』と一緒にいると、虚飾の仮面を脱ぎ捨て、ありのままの自分でいられる聖は、志弦と打ち解けていく。
しかし、悪意を持った聖のグループ内の友達『彩夏』が、聖を『売り』、聖の秘密をばらし、陰険な方法で、聖をクラスで孤立させる。
一人、夕暮れの教室で嗚咽を噛み殺していると、スカーレット色の紅茶のペットボトルと、ポケットティッシュを差し出してくれる人物が現れた――。
人を選ぶ作品ですが、いわゆる『百合』とか『GL』などの生半可なものではなく、マイノリティ同士が惹かれ合ったに過ぎない、高尚でシリアスなガールミーツガールです。
学校になじめない、仲良くもない友達とつるむのに疲れている方は、ぜひ、御一読ください!