第6話 宣告された言葉の重み

 頭に疑問を、心と身体に疲労を残したまま、月宮湊は事務所へ戻った。月宮の体力が戻ったことに気付くと、充垣は苛立ちの目を向け立ち去り、咎波は気をつけて帰るようにと促し、琴音は無言のままその場をあとにした。


 灯りがあったが、誰一人としていなかった。不用心とは、いまさら思うこともない。いつも通りなのだ。単に鍵をかけることを知らない者たちばかりなのか、あるいはそれなりの監視体制ができているのか、それは月宮の知る由もない。


 ソファの背もたれに首を預け、目一杯に脱力をする。誰もいないからこそ気を抜けないはずなのだが、誰もいないからこそ気を抜きたくなる。緊張の糸が徐々に緩んでいくことがわかった。張り過ぎていた反動なのかもしれない。元の形状に戻ろうとしている。それとも、それ以上か。


 なんにせよ、今日も今日とて疲労困憊だと言うことだ。


 目を閉じた。


 咎波の言葉が思い出される。


 充分な休息が必要なことはわかっている。身体が、強くなりたいという思いについていけていない。いつ崩壊してもおかしくはないのだ。もしかすれば、すでに崩壊は始まっているのかもしれない。


 琴音の言葉が脳裏を過ぎる。


 まったく……、と月宮は口には出さずに呟いた。


 あの二人に敵う自身はなかった。人の心を見透かしているかのようだし、あるいは少し未来が見えているかのようでもある。簡単に相手の本質を見抜く。それは相手にもよるだろうが、しかし見抜けない相手の方が少ないのではないかと思えた。


 咎波は琴音を別格として見ている。月宮たちには見えていないなにかを、彼女から感じ取っているのだろう。生命を揺るがすそれが見えているために恐れている。月宮と充垣にはそれが見えないために、彼女からなにも感じ取ることができない。もちろん、琴音本人が本質を隠している可能性も充分にある。むしろそちらの方が可能性としては高い。


 もし彼女の内側を見てしまったとき、月宮は今のままでいられるだろうか心配だった。これまで通りの付き合いを続けられるのか、彼女に刃を向けるという愚かな行為を犯してしまうのでないか。


 生命の危機を感じ取ったときに、相手に刃を向ける傾向があるかもしれないと月宮は思っていた。今日はそうだった。たしかに充垣の命を狩り取ろうとした。


 水無月ジュンにはどうだっただろうか。


 刃を向けていただろうか。


 本気で生き残ろうとしただろうか。


 闘っていたのか。


 なにと?


 誰と?


 水無月ジュンは闘っていたのか。


 刃を向けてきていただろうか。


 本気で生き残ろうとしていたのだろうか。


 巡る思考を、月宮は簡単に遮断し、流れを止めた。あのときのことは、月宮にとっては苦いものだった。できれば思い出したくないことだったが、それは容易に、脳裡に姿を現す。やはりそれは、彼女の存在が、月宮の中であまりにも大き過ぎることが要因だろう。


 三人目だった。


 心に深く刻みつけられたのは。


 目を開くと、目の前が真っ暗だった。真っ暗だと思った。しかし、鼻先をくすぐるもので、それが人であることがわかった。金色の髪が垂れ下がっているのだ。そして文字通り目と鼻の先に顔がある。


「起きた?」


 アリスが訊いた。


「初めから寝てない」


「考えごと?」


「ああ」


「当てましょうか?」


「いや……、いい」


「そう」とアリスはつまらなそうに言い、顔を退けた。照明の光を遮るものがなくなり、その眩しさに月宮は目を細めた。


「どこに行ってたんだ?」


 月宮は正面に向き直した。ちょうどアリスがソファに腰掛けていた。


「資料室?」アリスは首を傾げた。


「なんで疑問なんだ」


「あまり深く訊かない方がいいわよ? 湊はまだ綺麗でいたいんでしょうから」


「俺は……、そんなんじゃない。お前もわかってるだろ」


「そうかしら。私から見れば、全然綺麗な方だわ。私だけじゃない。所員たちからすれば、あなたはまだその辺の高校生と大差ないのよ。いくら人外の力を持とうとね」


「お前はそうは見えないな」


「私は、彼らみたいに前線に立つわけじゃないし、湊みたいに陽動の役割を持っているわけでもないから、それは仕方ないわ。ただ、私は人を傷つける以上のことを、傷心することなくやってる。私は、自分の役割が、あなたたち以上に外道だと思っているわよ。人として外れ過ぎている」


 そうかもしれない、と月宮は思ってしまった。アリスの能力は、相手の存在そのものを脅かし、さらにそれに繋がる者たちにも影響が及ぶ。今までの時間を、これからの時間を、左右する力だ。


 記憶とはそういうものだ。


 彼女の能力は『記憶』の操作。


 抹消することも、閲覧することも、改竄することもできる。


 月宮はその力を目の当たりにしたことがあった。


 能力の使用を頼んだことがあった。


 それも、個人的な理由で――。


 月宮の思考を察してなのか、アリスは笑みを浮かべた。そこにどんな感情が内在しているのかはわからない。この事務所にいる人間で、アリスと同様の笑みを浮かべるのは充垣だけである。そもそも所員たちは笑みを浮かべることが多くない。皆無とさえ言える。充垣とアリスは別枠なのだ。ただ充垣の場合、その笑みに含まれる感情が如実に表わされるために、彼がどう思っているのかを把握するのは容易である。彼は決して感情を押し殺そうとはしない。しかしアリスはその逆だった。笑みを浮かべても、そこに感情などない。ないように見せている。


 月宮たちはこうした相手と対面することで、その相手がなにを考えているのか、なにを思っているのかを察していくようになる。あるいは、それは月宮だけかもしれないが。


「まあ、私の外道っぷりの話はこの辺にしておいて」


 アリスはそう言って立ち上がった。そして棚から一つのファイルを取り出し、月宮に渡した。


「これが姫ノ宮学園についての資料よ。まだ目を通していなかったでしょ」


 ファイルを受け取り、順当に目を通していく。そこには姫ノ宮学園のその後、つまり月宮が関わった事件の後処理についてまとめられていた。情報操作があったのは知っていたが、表向きにも、すでに学園が閉鎖していることは知らなかった。あれだけの異質を放っていた組織が閉鎖したところで、大きな騒ぎになることもないようだ。


 ページを捲っていくと、それを見て、思わず手を止めてしまった。


 落書きのようだと思った。


「これは?」


「それは姫ノ宮学園に残されていた数少ない資料の一つね。それとあと二枚、同じようなものがあるわ」


 たしかに植物や動物などが描かれたものがあった。なにかの暗号だろうか。しかしそれにしてはあまりにも複雑すぎる。この絵から繋がりを見出すことができるのか疑問に思った。


「隅っこの方にページ番号みたいなのがあるでしょ? それ、なんだと思う?」


「そのままページ番号じゃないのか?」月宮はその番号を見た。『6』、『9』、『12』の三つの番号がそれぞれの用紙に記されていた。


「そうじゃなくて、なにか思うことはないかってこと」


「ああ、そういうことか」


 月宮は言う。


「『3』がないんじゃないか?」


「どうしてそう思ったの?」


「いや、ぱっと思いついたことを言っただけで、深い意味があったわけじゃない」


「そう」


 アリスは顎に手をあて、少し考える。そして頷いた。


「ありがとう。その意見は参考になったわ」


「なるのか?」


「ええ。湊は気にしなくていいわ。これは私の仕事だから」


 月宮は壁に備え付けられている振り子時計を見た。今でも動いているのが不思議なほど古いもののように見えるが、そういうデザインなのかもしれない。


「帰るわ」


 月宮は、資料の整理をしているアリスに言った。


「お疲れ様――あのこと、きちんと愛子から聞いてる?」


 アリスは資料から目を離さずに言う。


「ああ、聞いた」


「準備だけは怠らないでね」


「……わかってる」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます