第5話 己の弱さを宣告する雨

 急に降り始めた雨が、月宮の頬を掠めた。


 雨を凌ぐ屋根もなく、また階層を分ける天井もない。空から落ちる雫は、直接建物内に侵入してきた。床では、剥き出しになったコンクリートや、敷き詰められていたタイルの色が次第に濃くなっていく。


 急に、とは言ったものの、空を覆うほどの灰色の雲がその可能性を予期させていたために、月宮は驚かなかった。


 しかし、驚きはしなかったものの、雨を意識してしまったために、充垣からの一撃を横腹にもらってしまった。一瞬の気の緩み、意識の途切れを充垣は見逃さなかったのだ。雨が降り出し、その一粒が頬に当たる。月宮が雨に気付く。たったそれだけの他者が気付くことのできないような一瞬を、充垣は捉えた。


 歯を食い縛り、痛みを堪える。


 瞼を閉じず、相手を見据える。


 充垣は笑っていた。目一杯、横に伸ばされた口が少し開き、白い歯を覗かせている。月宮にとってそれは嬉しくないものだった。充垣が楽しそうな顔をするときは、たいていの場合、本気で殺しにくるときだけだ。しかもそれは月宮限定のことである。普段から、月宮のことを嫌っている彼は、隙さえあれば月宮を殺害しようと、排除しようと考えている。それが思考の段階で制御されているのは、先日のように監視役がいるときだけだ。そして今は二人ともいない。ちょうど雨が降り出す前に、別々にこの部屋から立ち去ったのだ。監視役がいなくなるという事態に、月宮は情けなくも、苦言を呈することしかできない。自力でどうにかなる相手ではない。低く見積もっても、月宮が充垣に勝る点など皆無だった。


 ハルバードの刃が地面と平行となり、側面に雨粒が落ちた。半球状となった雫は、震えていなかった。まるで写真のような、切り取った一瞬の光景を見ているようである。

今度は柄ではなく、刃が腹部を腕もろとも狙っている。


 月宮は次にくる攻撃がわかっていても動くことができなかった。直前に受けた腹部のダメージもそうだが、ハルバードの銀色の輝きを見ると身体が硬直してしまう。ナイフとは違った恐怖を感じる。いや、恐怖ではないのかもしれない。もしかすれば、その美しい造形をしたハルバードに魅せられているのかもしれない。


 両手に持つナイフを握っている感触がなくなっている。強く握り締め過ぎているせいだろうか。逆手持ちに変更したいが無理なようだ。


 見える「死」の恐怖を避けるために月宮がした行動は、こちらも相手を殺すつもりでナイフを振ることだった。恐怖で委縮した身体をバネのように反発させ、無理矢理動かしたのだ。


 充垣は虚を突かれた表情を見せた。


 ナイフが充垣の喉元に迫っていく。


 ハルバードを振られる前に、決着をつける。


 月宮の脳裡にはそれだけが残されていた。


 だが、気付いたときには床から足が離れ、背中に激痛を感じた。視界の映像が変わっていく様に、思考が追いついていない。いまだになにが起きたのかわからなかった。


 視界に映る充垣は、宙に浮いた(月宮は見なかったが、おそらく手放していたのだろう)ハルバードを掴んだ。天井が見えた。背中に激痛を感じたのは、どうやら投げられたかららしい。月宮の伸ばした腕は、充垣に掴まれ、次の瞬間には地から足は離れ、代わりに背が地に着いた。一本背負いの要領だったのだろう。


 いつもの月宮ならば、その可能性を考慮して、無闇に充垣に先制を決めようとは思わなかったはずだった。相手の思考をトレースし、それに対して自分のできることを判断する。月宮はいつだってそうしてきた。いつだって死なないように努力してきた。


 しかし今は違っていた。「死」を避けるために思考することを止めたが故に、「死」に近づいてしまったのだ。なんという皮肉だろう。しかしそれは別の言い方をすれば、回避できない「死」だった。決定されていた。ここで終わりだと、この先はないと。そう決定付けられていた。


 思えば、監視役の二人がいなくなったことが、すでに始まりだったのかもしれない。あの時点から不可避の死の運命に囚われた。


 風で雨が斜めに降っていた。直線的ではなく、揺れるように降っている。霧に近い。


 手に持っていたナイフはなかった。指の腹が冷たいタイルに触れていた。


 意識ははっきりしている。


 呼吸はし辛かった。


 背中には痛みが走っている。


 死は、眼前まで近づいていた。


 しかし、いつまで経っても意識は途切れなかった。そのときは来なかったのだ。


 死は訪れなかった。近づいただけに終わっていた。


「そこまでだ」という声と、あるものが月宮の顔に落ちてきたのは同時だった。なにが落ちてきたのかはわからない。月宮の眼前には、ハルバードの刃がすぐそこまで迫っているところだった。数センチも離れていない。あと数瞬でも声が遅ければ、今頃月宮の頭は割られていたか、あるいはそれに近いなにかになっていただろう。


「目を離すとすぐにこれなんだから」


 琴音の静かな声が響いた。


「目を離したアンタらが悪いだろ」


 充垣はハルバードを月宮から離した。


「なんのための監視役だと思ってんだ」


「僕たちの仕事は、湊くんがきみに殺されないように監視することだ。湊くんは殺されていないだろう? だったら僕たちは仕事を果たしているね」


 月宮の視界から充垣の姿が消える。咎波と琴音の方へと移動したのだろう。月宮は身体を起こそうと思ったが、背中に痛みが走るのと、力が入らないことで、それはできなかった。思ったよりも心身ともに受けたダメージが大きいようだ。仕方なく月宮は目を閉じ、しばらくの間、会話に耳をすませることにした。


「どっかで見ていたかのようなタイミングの良さだったな」


「監視役だからね」


 咎波が言った。


「どこにいたんだよ」


「商店街の方かな。駅前の」


「監視してねーじゃねーか!」


 月宮も充垣と同意見だった。このビルにいないどころではなかった。


「そうだね。してなかった」


 咎波は淡々と告げる。


「僕も好きで監視を中断したわけじゃないよ。そうせざるを得なかっただけなんだ」


「なにがあったんだよ」


「琴音くんがね、お昼を食べてなかったらしくて、それで連れてかれたんだ」


「抵抗すればよかっただろ」


「ジャンケンで負けたんだ。彼女が勝てばお昼、僕が勝てば監視続行。決してフェアなものじゃなかったよ。僕がその条件を提示されたのは、終わったあとだったんだからね」


「それこそ、抵抗しろよ」


「きみは、僕が琴音くんに抵抗できる存在だと思っているのかい? だとすれば、それは勘違いだ。僕は彼女に勝てない。彼女に本気で脅されれば、従うしかないのさ」


 おそらく、いや十中八九、この場で殺すと脅されたのだろう、と月宮は思った。勝敗について話しているのだから、それは充分に考えられる。咎波にとって問題なのはこの場所で殺されることではなく、殺される動機の方だろう。


 そんなつまらないことで未来が潰えるなんて、堪ったものではない。


「それで咎波さんは、琴音の昼飯に付き合ったんだな」


「正確にいえば、奢らされたんだけどね」


 会話に耳をすませていると、額に微弱の痛みを感じた。なにがあったのかと確認するために目を開くと、視界いっぱいに琴音の顔が映った。琴音の碧眼には、月宮の顔が映し出されている。それが確認できるほどに、距離は近かった。


「死んでるのかと思った」


 琴音は目を離さずに言った。


「そうなる前に来てくれたんだろ?」


「『死』の形は様々。たとえ充垣に直接殺されなくても、『なにか』によって死んでいたかもしれない」


「なにかって」


 月宮は訊く。


「なにかは、なにか。なんだっていい」


「そう……、だな」


 体力が幾分か戻ってきたので、月宮は身体を起き上がらせた。それに合わせるように琴音は月宮から離れ、その様子を窺っていた。まず上半身を起き上がらせた。話しこんでいる充垣と咎波の姿が見えた。立ち上がろうとしたが、足に力が入らない。回復した体力ではここまでが限界のようだった。


 根こそぎ持っていかれたのか、と月宮は思った。ただの疲れではここまで酷い状態にはならない。それに月宮はほんの少し前、充垣と対峙していたときは、かなりの体力が残っていた。「死」の恐怖が、月宮の心を蹂躙したのだ。月宮が姫ノ宮学園で長月にしたように、充垣は月宮の心を折った。完膚なきまでに。


「大丈夫かい?」


 咎波が月宮に気付いて尋ねた。咎波はいつものようにカッターシャツに、黒のスラックスだった。胸ポケットには煙草が入っているのが見える。月宮は彼が他の格好をしている姿を見たことがなかった。


「もう少し休めば、動けるようにはなる」


 充垣は月宮を横目で見て、つまらなさそうに髪を掻いた。充垣にしてみれば、あの時間、あの瞬間は千載一遇のチャンスだったのだ。無理もない。なぜこんなにも自分が嫌われているのか、月宮は知らない。なにかが気に障るのだろうとは思うが、それを聞き出そうとすれば、それこそさらに嫌悪を助長することになる。しかし今回は少し彼らしくなかったような気もした。


 その理由はわからないけれど。


「そうそう、染矢くん」


 咎波は充垣を見た。


「僕が琴音くんに勝てないのと同様に、きみも琴音くんには勝てないよ」


「オレが咎波さんよりも強くないからか?」


「そういう見方もあるね。だけど相性の問題もあるだろう? 相性によっては力の差なんて関係ないんだ」


「相性が悪いってことを言いたいのでもないよな」


「うん」


 咎波は頷く。


「これはね、相性以前の問題なんだ。ジャンケンが、グーは石、チョキはハサミ、パーは紙を表しているって話を知ってるかい?」


「それくらいは」


「仮にきみを石だとすれば、琴音くんはね、紙でもあってハサミでもあるんだよ。染矢くんと琴音くんは性質が違うからね。同じということはありえない」


 雨が少し強まってきて、月宮の身体を冷やしていく。今は心地いいが、次第に肌寒さを感じることになる。冷え切る前には、屋根のある場所へ移動したいところだった。


 ちらりと琴音の様子を見ると、二人の話を聞いている様子はなく、空を見上げていた。月宮も空を見上げてみる。どんよりとした暗い灰色の雲が、空いっぱいに敷き詰められていた。


「なんだよ」


 充垣はつまらなさそうに呟く。


「琴音が器用ってだけの話かよ。要は臨機応変が効くってことだろ?」


「それもある」


 咎波は胸ポケットから煙草とライターを取り出し、火をつけた。


「琴音くんにはね、常識が通用しないんだよ。常軌を逸している。チョキでグーに勝つし、チョキにパーで勝つ。それが彼女なんだよ。次元が違うのかな。同じ場所にいて、同じ人間だけれど、本当はまったく別の場所にいるし、まったく別の生物だ」


 琴音のことを一瞥し、それから続ける。


「これは一般人からすれば、魔術師が別の生き物に見えるのと同じ原理だ。彼女にとって、僕たちは一般人だ。僕たちを殺すことなんて、赤子の手を捻るよりも簡単だろうね。今、僕たちが生きていられるのは、彼女にその意思がないだけだ。僕たちを意識、認識していないから。彼女がもし、それこそ染矢くんが湊くんを嫌悪するように、僕たちのことを認識すれば、僕たちに明日はないのは確実だよ。なにをされたのかもわからずに、僕たちは死ぬ」


「咎波さんの言うことはわかった。だけどそれがどうしたっていうんだ。なんで今そんな話をするんだよ」


 月宮は琴音の様子を気にしつつも、二人の様子も見ていた。咎波にしては饒舌である。彼は口数の多い方の人間ではない。ましてや自分から話を切り出すということは珍しいのだ。


 手の位置を動かしたとき、不思議な感触があった。掌になにかが触れている感触。床ではない。欠けたタイルとも違う。不思議に思い、そっと手を退けてみる。


「僕が言いたいのは、彼女の気まぐれで、僕たちはいつだって死ぬ可能性があるってことだよ。現にきみは、今さっき死んでいたかもしれない」


「どういうことだよ」


「きみは、なにをされたのか気付いていないだろう?」


「だから……」


「それが琴音くんと染矢くんの力量の差だよ」


 月宮は目に映ったものを、手に取って眺めてみる。それはこのビルにもともとあったものではない。新品のようである。そして、誰の持ちものなのかに気付いた。あのとき顔に落ちてきたのは、さっきの額の痛みの原因は「これ」だ。


「いいかい、染矢くん」


 咎波は納得のいかない顔をしている充垣に言う。


「きみが月宮くんに対する攻撃をやめたのは、僕の声を聞いたからじゃない」


「はぁ?」


「僕が声を出す前には、きみはその手を止めていたんだよ。攻撃を受けたから、動きを止めた。まあ一瞬のこと、それ以下のことだったから気付かなくて当然なんだけどね」


「攻撃を受けた? なんの冗談だよ」


「認識をできなかった。だから理解もできない。気付けないでいるのもそのせいだ」


 咎波は月宮の方を向く。


「湊くんは気付いたんじゃないかい?」


「ああ。いや、でも俺も認識できなかったみたいだ。あのとき、たしかに『これ』を視界に入れていたのに」


 月宮は手を開いて前に出した。


「輪ゴムか、それ」


 充垣は言った。


 月宮の手に載っているのは、三本の輪ゴムだった。この場所に不釣り合いなほど、新品同然の色をしている。


「染矢くんも湊くんも気付かなかったけど、琴音くんは輪ゴムを撃ったんだよ――染矢くんの額にね」


 咎波は煙草を咥え、右手の人差し指で額をつつきながらそう言った。充垣は額を触った。


「直撃したはずのきみは気付かず、湊くんはそれを見ていたはずで、勢いがなくなり床へと落ちていくその姿を認識できなかった。わかるかい、この理不尽なまでの力の差が」


 これには充垣も口を開くことはしなかった。


 一方、琴音といえば、相変わらず空を仰いだままだ。降り注ぐ雨にも、お構いなしである。あの碧色の瞳には灰色の空が映っているのだろうか、と月宮は疑問に思った。なにか別のものを映し出しているのではないか。琴音はなにを思って事務所にいるのだろう。ここでしかできないことなんてない。彼女ほどの技術と力量があれば、世界を渡り歩くのは容易だ。咎波の人を見る目は、信用できる。見誤ることはないはずだ。


 しかし、いくら考えたところで、疑問が解決するはずがなかった。月宮が思考を巡らせても、それは想像で、推測の域を出ることはない。


 雨に濡れた前髪を掻きあげた。


 そろそろ体力が戻ってもいい時間である。


「咎波さんはどうしても琴音を化物扱いしたいみたいだな」


「僕は、自分の思っていることをそのまま言っているだけだよ」


「それが琴音を傷つけるとは思わないのか?」


「思わない。この程度で傷つくようであれば、彼女はすでに死んでいるよ。琴音くんはそんなレッテルが貼られることもわかっていて、今の域に達しているはずだからね。僕がなにを言おうと、誰がなにを言おうと傷つくことはないのさ」


「俺にしてみれば、咎波さんも充分に化物だけどな」


「それは気のせいだよ。僕という人間は脆い」


「それが嘘くせーんだよな」


「そう、装飾もまた武器の一つだ。僕は『そう思わせる』ことで闘いを避けているんだ」


 月宮の中で、なにかに思い至ろうとしていた。


 装飾。


 そう思わせる。


 問題に対し、答えが導き出されようとした。


 もう少し……。


 あとほんの少し先へ行けば、答えを掴むことができる。


 答えはなにか。


 問題はなにか。


 疑問。


 なにが気になる?


 なにかが気になる。


 些細なことか?


 些細なことじゃない。


 光は徐々に小さくなっていく。


 答えが遠のいていく。


 そこに到達するためには、まだなにかが足りない。


 時間か。


 経験か。


 それとも……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます