第17話 秘匿される刃

 月宮が迫りくるハンマーに対して取った行動は前進だった。向かってくるハンマー、そして長月に対し、月宮も真っ向から挑んでいった。本来ならば避けなければならない塊に向かって行くのは、やはり心が締め付けられるような恐怖を感じたが、それでも、月宮は前に進むことを止めない。走り出したことを後悔しない。


 一振りだった。


 月宮がナイフを一振りしただけで、ハンマーは勢いを失い、無数の鉄屑となった。そして地面へとやかましい音を立てながら落ちていく。


 長月はその光景を見て、一瞬だけ目を丸くしたが、すぐに月宮を見据えた。彼女もそれなりの場数を踏んでいるのだろう。目の前で起きた不可思議な出来事に驚いているだけではいられない。それが得体の知れないなにかだとしても、自分の選んだ道を進める覚悟が長月には備わっている。月宮にはそんな気がした。


 二人の距離が縮まり、お互いの武器がぶつかり合う。長月が力を込めてハンマーを振り下ろせば、月宮をナイフごと潰せるはずだった。


 だが、悲鳴を上げたのはハンマーの方だ。


 ナイフと触れ合った瞬間、無数の切れ目が入り、凶悪な武器からただの鉄屑へと変化した。


 長月が右手に新たなハンマーを召喚して、月宮を迎撃しようとする。その思考を月宮はトレースした。右手に持っていたナイフを捨て、長月の右腕を掴んだ。そして、がら空きになった長月の腹部に左ひじを打ちこんだ。


「ぐっ――」


 長月の苦痛の顔が浮かぶ。


 月宮は右手を離さなかった。二人の距離はほとんどゼロに近い。長月に決定的な一打を入れることのできる好機である。追撃をすべく、月宮の左手にナイフが生成された。


 しかし、長月も一筋縄ではいかない。月宮のナイフを見るや否や、月宮の腹部に向かって蹴りを入れようとしてくる。腹部は月宮が最も痛手を受けている場所だ。そこに追撃を入れられるわけにはいかない。月宮は右手を離し、そのまま蹴りの防御へと右腕を使った。


 自由になった長月が距離を取ったため、二人の距離が開く。


 長月の両手には、新しくハンマーが召喚される。


 それを見て、月宮の右手にナイフが現れる。


 月宮はそのナイフを二つとも長月に向かって投擲した。そして駆け出す。それは先ほどの長月と同じ方法を真似していた。


 本来なら長月がナイフをハンマーでなぎ払えば、それで終わりなのだが、そう上手くいかない。月宮がハンマーを防御できないように、長月もナイフを防御できない、迂闊に触れることができないのだ。月宮の能力の一つが、ハンマーを鉄屑に変えてしまったのだから当然である。ここは触れないのが得策。ならば回避するしかない。そうなると先ほどの長月と月宮の立場が逆になる。


 もっとも、月宮はこの策が成功するとは思っていない。


 ナイフとハンマーでは大きさが違うし、なにより風圧での攻撃がナイフには伴っていない。小さな回避で充分なのだ。


 長月が横へ少し逸れるだけで、二本のナイフは空を切っていくだけで終わった。


 月宮の手には、新たに二本のナイフ。長月の勝利には、ナイフに触れず、月宮にナイフで防御をさせず、と多くの課題が壁となっている。


 それに気付かせるための投擲。


 そして、あとは執念を折らなければならない。


 月宮は、長月に回避を許さないほど速く、両手にもっていたハンマーを切り刻んだ。当たり前のように、ハンマーは鉄屑となり、地面へ雨のように落ちていく。


「負けるわけには――」


 長月はそう自分に言い聞かせるように呟いた。


 月宮はそのときを待っていた。


 折れそうな心を保とうとするそのときを――


 まずは右腕だった。月宮は長月の行動を鈍らせるために右腕にナイフを突き刺した。一切の手心を加えることはない。そして、次は左腕にもナイフを突き刺す。その一連の流れに対して、長月はなにもすることができなかった。月宮がナイフで刺したのは、長月が反撃の意思を見せた個所だからだ。そこを的確に狙い、反撃の手段を潰していく。


 ナイフから手を離し、新たにナイフを出現させる。そして刃ではなく、柄の方を使って長月の鳩尾に打ち込んだ。人体の急所の一つである鳩尾に攻撃を受けてしまい、長月の体がよろめいた。


 それでも、月宮は攻撃を止めない。


 長月は両腕を刺されただけで、完全に動けないわけではない。抜こうと思えば、ナイフだって抜けるはずだ。だが、今はよろめくことしかできない。


 長月の太ももに、長月が投擲したナイフが突き刺さる。それも両足ともだ。


 これが決定打だった。


 長月は体のバランスを保つことができなくなり、膝から崩れ落ちていく。ただ足を刺されただけならば、まだ戦おうと思ったはずだ。まだ戦えると自分に言い聞かせ、体を酷使したはずだ。


 だが、両腕を刺され、鳩尾にも攻撃をくらい、長月の体は悲鳴を上げ、それと同時に勝ち目がないことを悟ってしまった。これだけの痛手を受けてしまえば、もう相手をすることが不可能であることは、誰の目から見てもそうである。


 それでも、長月は完全に倒れたわけではない。倒れる体を両腕で支えている。


「能力が二つ……」


 長月は息を荒くしながら言う。


「あなたの情報が隠されているわけがわかりました。あなたはいろいろと逸脱している」


「情報は上の奴が勝手にやってるだけだ」


「過保護な気がしますが」


 月宮は普段から能力を使っている。


 元々、月宮はナイフを一本しか持っていない。ホルスターに収納できる数が一つだけだからだ。それに何本も持ち歩くと、動き辛かった。


 星咲に投げたナイフも、監視カメラを破壊したナイフも、すべて能力で出現させたものだ。わざわざホルスターにしまう動作を見せるのには、自分が能力者でないとアピールするためだった。


 月宮は長月を抱き起こし、門まで運び、寄りかからせるように地面に座らせた。長月の体が軽かったため、その作業は難なく行えた。


「なんの真似ですか?」


「いや、止血くらいしてやろうかなって」


 そう言って、月宮は長月の腕からナイフを引き抜いた。傷口から血が流れ出てくる。


「敵の治療をするというのですか? 甘すぎます。それに愚かだ。私が、あなたに攻撃するかもしれないんですよ?」


「それはできない」


 月宮は包帯を巻きながら言う。それは月宮の常備品の一つだ。


「お前はもう俺になにもできない。それはお前が一番わかってるだろ? 体もそうだが、心の方が痛手を負ってるからな。もう負けるイメージしか思い浮かばないと思う」


「最初から能力を使わなかったのは、そういうことですか? 勝てるという希望を見せ、そのあとに希望を打ち砕く。そういったシナリオがあったのですね」


「どうだかな」


 月宮は両腕の仮治療が終わり、両足に取りかかる。


「あんまり話すと、次に戦うとき、支障を来たしそうだから秘密にしておく」


「負けるイメージしか湧かない相手と次戦なんてありませんよ」


「人は成長するからなぁ。案外、次は俺が負けるかもしれない」


「いえ」


 長月は間を開けた。


「それは……、ないでしょう」


「一つ」


 月宮は立ち上がる。


「一つだけ教えられるとするなら、お前が『負けるわけにはいかない』と声に出したのが敗因だろうな。自分を鼓舞しようとしたんだろうけれど、それは、俺からすれば折れそうな心を保とうとしているようにしか見えなかった。そこが付け入る隙になったんだ」


「勉強になります」


「それより、お前には訊きたいことがある」


「ええ、わかっています。でなければ、こんな施しなどありえませんからね」


 月宮が長月の止血をしたのは、流血による貧血を防ぎたかったからだ。訊きたいこと、話してもらわなければならないことがあるのに、途中で倒れられでもしたら、情報が手に入らなくなる。それに長月は、如月に近い人物である。それは日神を奪還しようとしている主要人物とも言えることだ。作戦の要、これほど情報を訊きだすのに、打ってつけの者はいない。


「単刀直入に訊く」


 月宮は日神を見据える。


「日神はどこにいる」


 そのとき、長月の表情が変わった。そして月宮に顔を向けた。なにをそんなに驚いているのかわからない月宮に、長月は口を開く。




「ハルを連れているのは、あなたではないのですか?」




 月宮は思考が停止し、長月がなにを言っているのかわからなくなった。


 状況が呑み込めない。


 長月たちが連れ去ったと思っていた。


 だが、長月はそうじゃないと言う。


 長月が嘘を吐いている?


 なんのために?


 考えるだけでは、なにも解決しない。たとえ長月の言うことが嘘であろうとなかろうと、月宮の絶対的な優位は変わらない。脅すなりすれば、確かめられるかもしれない。しかし時間がない。長月がすぐに吐くとは思えない。持久戦が必須。ならば、これはやはり揺動を誘っていると見るべきか……。


 だが、長月の顔色を見る限りでは、嘘を言っているとは思えない。もちろん、演技の可能性だってある。


 どっちだ――その言葉が月宮の脳内を駆け巡る。


「それで」


 月宮は重い口を開く。


「それで誤魔化せると思っているのか?」


「誤魔化す? なにを言っているのですか? 驚いているのはわかりますが、それはこちらも同じです」


「あいつは――日神は、お前らから逃げていると言っていた」


「それは知っています。ハルが逃げ出したおおよその理由は把握しています。けれど、ハルは私たちから逃げていると言いましたか? 姫ノ宮学園から逃げ出したのではないのですか?」


 日神は冷静だった。しかし、それが月宮を惑わせる。


「同じことだろう」


「違います。まったく違います。誤解されても仕方ない、ということはわかっています。私たちは自分の存在を知っていますから」


「お前に訊いても無駄なのか?」


 月宮は手にナイフを握る。


「ええ、無駄でしょう。平行線を辿るばかりで話なんかできません。元々、私とあなたの関係はそういった仲ではないので仕方ないと言えばそうです」


 月宮はナイフを指で器用に回し、刃を長月に向ける。


 躊躇うことなどない。


 長月の言う通り、二人は敵対しているのだから。


 月宮の腕が、長月の命を奪うために振り上げられる。


 ナイフの刃には、満月が映っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます