第13話 黒色の密話

《欠片持ち》という存在は、世界中で知られている。


 今の科学では能力の発生する原因はわからないが、近い将来に解明できると信じられている。能力者と一般人を比べても、変わった個所は見つからない。能力がどこから発現するものなのかわからない。だから研究者たちは、いまだに解明ができていない脳に、なにかあるのではないかと考えた。


 脳の解明が、能力者の解明に繋がる。


 その結果、能力者を集める箱庭として作られたのが、月宮たちの住む街である。研究という名目で各地から《欠片持ち》を集めていた。


 そして、見方を変えれば、この街は《表の世界》から隔離されたのだ。正体がわからないものは、人々に恐怖や疑惑、嫌悪感を抱かせる。差別から守るという名目で、区別されたのだ。


 その区別からも切り離されているのが、《裏の世界》である。古くの時代から存在する魔術を現代まで遺し続けた世界。歴史から淘汰されたが、今もまだ根強く世界に蔓延っている。世界のルールにより、今はその影でしか存在できない。


《裏》の問題は、《裏》で処理されるため、決して《表》に出るとはない。



 その影が今、《表》に出ようとしている。


 月宮は顔に手を当てる。


「やっぱり、そっち側の人間かよ……」


「残念だったね。きみの日常はこうやって壊れていくんだ」


「もう壊れてるよ……」


 月宮は心底嫌そうな顔をして言う。


「お前、魔術師なのか?」


「うん、それ」


 星咲は頷く。


「きみはなんだか魔術師が嫌いなようだね。なにか理由でもあるの?」


「魔術師が嫌いなんじゃない。魔術が関わっていることが嫌いなんだ。俺が手を出すと、境界を超えることになる。今回の姫ノ宮のことは、《裏》で処理されるべきことじゃねえか」


「そうでもないよ。姫ノ宮学園は、この街の中にあるんだからね。僕たち、『裏側の人間』が手を出せば、きみたちがやってくるだろう?」


「つまりは、どっちも手が出せないってわけか」


「そうかな?」


 星咲は言う。


「姫ノ宮学園のことは、《裏》でもこの街でも知られていない。これは周りとの関係を完全に遮断した学園に感謝だよ。表に出なければ、なかったのと同じだからね」


「この馬鹿げた魔術が発動する前に、俺たちが止めるってことか」


「その通り」


 日神が姫ノ宮学園から持ち去った十枚の資料には、一見、《終焉の厄災》についてばかり書かれているだけだが、日神の言っていたように、回りくどい無駄な文章が並べられている。しかし知識がある者が見れば、その羅列は無駄ではなく、意味を持っている。


「魔術書、魔導書というのは、基本的には文章が暗号化されているんだよ」


 星咲は資料を指で弾いた。


「その暗号化に使われる用法は、特殊であるのが普通だ。暗号というのは、解読されてはいけないからね」


「お前はいくつ見つけたんだ」


 月宮は言う。


「俺の知っている知識でも……、最低、四つはあるよな?」


「いい線いってるよ」


 星咲は微笑む。


「でも、きみの知っている知識はどうやら、広く浅くのようだね。いつもあと一歩届いてないんじゃない?」


「まあ、俺は誘導の役目だけだからな。暗号解読とかは得意な奴がいるし」


「下っ端中の下っ端だね」


「新入りだから仕方ないんだけどな」


 月宮は言う。


「それに能力者の街で無能力な奴なんか使いものにならない」


「そうだね、その通りだ」


「…………肯定するなよ」


「まあ、とにかく、この資料にある暗号は八つ。広く、浅い知識で四つ。これはきっと間違った解釈をするためのブラフだね。しかしだからと言って、無視してはいけない。このブラフも暗号解読には必要になる」


「手の込んだ文章だな」


「魔術書や魔導書ってのは、例えるのなら日記帳みたいなものだからね。誰にも読まれたくない、あるいは特定の人物にだけわかるようにしたい、みたいな感じ」


「魔術書が、魔術書であるとわからなくするってことか」


「厳密には、本が世間に出回る可能性を加味して、魔術という存在を隠しているんだけどね。まあ、だいたい当たってるよ」


 魔術は学問である。そのため、魔術の本が存在してしまうのは止むを得ない。本にしなければ、後世に遺すことはできなくなる。口頭で伝えることなどできるはずがない。伝える側の記憶情報が一文字でも間違っていれば、それだけで魔術として成り立たなくなる。それに、口頭で伝えるには魔術というものは情報が多過ぎる。多すぎるが故の結果、文字に起こさなければならない。人間の記憶とはそれほどまでに信用ならないものだ。


「ところで、当たり前のように話しちまったけど、こんなところで魔術を使ってもいいのか? 俺みたいに、この街には魔術の知識がある奴がいるんだぞ。魔力反応で気付かれるだろ」


 星咲の使った魔術は、人払いの魔術だ。星咲はなにも説明しないが、おそらく魔術の知識がない者が払われたのだろう。


「大丈夫」


 星咲は言う。


「この魔術はそれほど魔力を使わないし、範囲もこのフロアだけと狭い。店の前に通られたとしても、たぶん大丈夫。というか人による」


「まあ、気にするのは俺じゃないからいいけど」


 月宮は腕を組む。


「それで? その資料にはどんなことが書いてあったんだ?」


「《終焉の厄災》を起こしますよー、だってさ」


 星咲は軽い調子で言った。


「ちょっと待て。それだと、俺が解読した内容と同じだぞ」


「うん」


 星咲はあっさりと頷く。


「でも、問題はそこじゃないだろう? 魔術というものに大切なのは術式だ。きみが解読できなかったのは、術式に関わること。術式というか儀式だね」


「初めに訊いておくが、俺でもわかるか?」


 月宮の持っている、魔術に関する知識は最低限のものしかない。最低限――基本中の基本のみだ。たとえば、魔術に必要なのは術式と魔力であること、使用する魔力の量で発動する魔術の強さが変わる、などである。一般人が知っている知識と変わらない。無論、一般人は、魔術を空想上のものであると信じているため、それが真実であることは知らない。


「わからないんじゃないかな」


 星咲は言う。


「どう説明しようと難しくなる……いや、難しく聞こえてしまうし、か。簡単に言うのならやっぱり、《終焉の厄災》を起こしちゃうぞー、だね」


「そんなことしてどうするんだよ」


「知らないよ。信仰者でも増やすんじゃない? というか、これが成功したら、信仰者しか生きられない世界になるね。信仰しない者を集めて、魔術で殺せばいいんだからね」


「それは、ありえそうで怖いな」


「だから、止めるんだ。きみは単純に日神ちゃんを助ければ問題ないし、僕はこの魔術書の原典を回収する。それが魔術師としての仕事だ」


「じゃあ、それはコピーなのか」


「だから、日神ちゃんは追われているんだろうね。重要書類を盗み取っているわけだから――しかも、それが僕みたいな魔術師の目に触れられるのは芳しくないでしょ。魔術書の存在を知られるわけだし」


「ま、なんでもいいさ」


 月宮は言う。


「魔術書とかはそっちでやってくれ。街の問題――日神の問題はこっちがやるから」


 店内の空気は、相変わらず気持ちの悪いものだった。魔術の影響とはいえ、いくら時間が経っても、この体に纏わりつくような空気に慣れることはない、と月宮は思った。


 魔術が発動している間の外の状況を見たかったが、あいにく月宮たちの座っている席の近くには窓がなかった。移動することは避けたかった。それは、この空気に触れながら動きたくないと思ったからだ。


「タイムリミットは零時だ」


 星咲は告げた。


「日付が変わるから、明日の深夜零時までに、日神ちゃんが姫ノ宮学園にいなければ、きみの勝ちだ」


「なにか条件があるってことか」


「例の如く、きみには理解するのは難しいかもしれないから、簡単に言うけれど、星の位置やその他もろもろが関係しているんだ。その時刻を逃すと、次は数十年くらい先ということになる。それに日神ちゃんを追う理由が、他にもあるんだと思う」


「日神でないといけない理由、か」


「そう。もしかしたら、姫ノ宮学園が狙っているのは、この魔術の発動だけじゃないかもしれない。そういう可能性もある。そう考えると、魔術書の回収と日神ちゃんの保護が一番の良策だ」


 月宮が頷こうとしたとき、スラックスにしまってある携帯電話が鳴り響いた。もしかしたら秋雨に考えを見抜かれてしまったのかも、と月宮は携帯電話を取り出し、ディスプレイの表示を確認した。知らない番号だった。


 間違い電話の可能性を否めないため、着信を無視してみる。星咲がどうして電話に出ないのか不思議そうに見てきたが、気にしなかった。


 しばらくしても、着信音が途切れることはなかった。


 試しに電話に出る。


「もしもし、つっきーですか?」


 相手は女のようだ。


 月宮は答えなかった。その声に聞き覚えがないのもそうだが、見ず知らずの人物にあだ名で呼ばれるのが気にくわなかった。


「あれ? 違う? 違っ……ちゃった?」


 女の声に少し不安の色が出てくる。


「私、見ず知らずの人に、つっきーって言っちゃった! 恥ずかしい! すごい恥ずかしい!」


 月宮はなにも言わない、というよりは向こうが一方的に喋り過ぎて、相槌を入れる暇がないのだ。それはまるで、アパートの隣人のようだった。


「あ、えっと、その、すいませんでした!」


 通話が切れ、月宮は携帯電話をテーブルの上に置いた。どうせまたすぐに電話がかかってくるだろうと思ったからだ。


 星咲が「どうして電話に出たのに喋らないの?」と言いた気な眼差しを月宮に向けていたが、月宮はそれを無視し、携帯電話に注目する。


 そして、再び着信音が鳴り、月宮はすぐに出た。


「いやー、さっきね、違う人に電話かけちゃったんだよ。今度は間違いないよね? はろはろ、つっきー」


「……どうも。どこかの誰かさん」


「うんうん、これだよ! これが電話だよね。さっきの人なんて、一言も喋らなくて焦っちゃったよ。どんな人だったんだろう……。もしかして、あれかな? メールの方じゃないと嫌ってタイプかな?」


「別にそんなことはないと思うけど」


「なんで?」


「いや、さっきの俺だし。お前は間違ってなかったぞ」


「どうして? どうしてなにも話さなかったの? 不安になるじゃん! こっちのことを思って、違いますよー、って言ってくれればいいじゃん!」


「いや、だって、知らない奴に『つっきー』なんて呼ばれたら黙るだろ。お前、なに様だよ、って言いたくなるよな?」


「同意できないよ……」


 ふと、星咲が、「どうして知らない相手とそんな仲良く話してるの?」と訴えかける目を月宮に向けていた。それはその通りだった。


「あー、まあいいや」


 月宮は話を無理矢理変えた。


「どちらさんですか?」


 受話口から溜息のようなものが聞こえてきた。実際、溜息だったのだろう。月宮のいい加減な対応に、呆れているに違いない。


「私の名前は如月トモ」


 女は調子を変えずに言う。


「姫ノ宮学園の生徒だよ。これだけ言えば、要件は伝わるよね?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます