記憶掃除

作者 猫犬鼠子

122

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ある男は女性への未練を引きずったまま、布団に入った。そして目覚めると、目の前に見たことのない少年が立っていた。少年は他人の夢を集めるのが趣味だと言いい、無料で消したい記憶を消してくれると言う。半信半疑だった男も、無料で都合のいい話に興味を持ち、女性との記憶を消してくれるように頼む。
 女性のことをすっかり忘れた男は、別の女性と付き合っていたのだが、ここでもうまくいかない。そして、またあの少年が現れる。もっとも、男は記憶を消してもらっていたので、少年が誰かは分からない。しかし、男はある違和感に気付く。

 人の記憶を巡るどんでん返しのストーリー。

 是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

記憶掃除を行う少年が訪れるところから物語が始まります。

短編でもこれほどの起伏を作れるアイディアと技術がすごいです。

記憶掃除、というキャラの登場からあのラストには驚かされました。
希望からの驚愕、面白かったです。
きっとこの主人公はなん……おっと、ネタバレは書けませんね。

★★★ Excellent!!!

今度はやり直して見よう。

何回も振られる度に記憶を消して、同じこと繰り返してきた主人公が、やっと1歩前に進めた。

と、思っていたのですが、最後の最後で『お腹の中』っていうのは結構ゾクリと来ましたね。

なんだか、世にも奇妙な物語みたいなものを感じました。

とても面白かったです!

★★★ Excellent!!!

記憶を操作するというテーマは今やありふれている。
でもこの話は、かなりその中でも絶妙に盲点をついた作品と言えよう。

ネタバレを避けるために、詳細は言えないが、
個人的な感想としては幸せだなぁ、うらやましいなぁ、
なんてのんきなことを考えてしまったものである。

あなたはどう感じるだろうか?