忘れられないアジフライ 1

 その日は朝から良い天気だった。日差しはぽかぽかとあたたかく、あたしはミルクを膝にのせ、こたつの上に顔を伏せてうたたねしていた。

「おい、起きろよ」

 昨日からずっとパソコンの前に座っていたゲンちゃんが、あたしの頭をこつんと叩く。

「んー……ゲンちゃん、仕事終わったの?」

「ああ、なんとか締め切りセーフ」

「おめでと」

 最近ゲンちゃんはイラストの仕事をけっこうもらえているらしく、コンビニのバイトを減らしている。よかった。もっともっとゲンちゃんの絵をみんなに見てもらえて、仕事が増えればあたしも嬉しい。

 すると台所へ行ったゲンちゃんが、冷蔵庫から缶コーヒーを取り出しながら突然言った。

「お前、今日ヒマだよな?」

「ヒマだけど……買いものはゲンちゃんの番だよ」

「そうじゃなくて。ちょっと付き合えよ」

「え、どこに?」

「海」

 うみ? ゲンちゃんの口からありえない言葉が飛び出して、あたしは瞬きを繰り返す。

 うみって……あの「海」で合ってるよね?

「なんで、海? なんでゲンちゃんと?」

「いいから早く支度しろよ。あ、泳ぐわけじゃねぇから、水着はいらないぞ?」

「あったりまえでしょ! バカ!」

 そう言いながら、あたしはなんだかそわそわしていた。


 電車に何回か乗り換えて、海沿いを走る小さな電車に乗った。テレビでよく見るやつだ。少し走ると窓の外に青い海が見えてきた。

「わぁ、ゲンちゃん、海が見えたよ!」

「はしゃぐなよ。海に行くんだから海が見えるに決まってるだろ」

 ゲンちゃんはいつもと変わらない。でもどうして海に行こうなんて言ったんだろう。だいたい引きこもりのゲンちゃんから、出かけようって誘われたことがびっくりなんだけど。

 少し電車に揺られたあと、ゲンちゃんが「降りるぞ」って言った。あたしは黙ってゲンちゃんのあとについていく。

 降りた小さな駅の前は、やっぱり海が広がっていた。


 道路を渡って階段を降り、ゲンちゃんと一緒に砂浜に出た。午後になり気温はぐんぐん上がっていたけど、海風はまだちょっと冷たい。あたしは伸びかけの髪を手で押さえながら、見慣れない景色に目を細める。

 三月の海は日差しを浴びて、きらきらと輝いていた。浜辺を歩く人影はまばらで、寄せては返す波の音が耳に心地よく響く。

「水、まだ冷たいかな」

「冷たいだろ」

 あたしは波打ち際まで走って、手で水に触れてみた。思ったより冷たくはなくて、それを伝えようと後ろにいるゲンちゃんに振り返る。

「ゲンちゃん……」

 だけどゲンちゃんはあたしを見ていなかった。ただぼうっと海をながめていた。いつも空をながめているときと同じように、今日は海をぼうっと見ていた。

 あたしの足元に波が来た。最近少しきつくなってきた白いスニーカーに、じんわりと水が染み込む。あたしは黙って立ち上がり、ゲンちゃんのところへ戻った。


「やっぱりまだ冷たかった」

「だから言ったろ」

 ゲンちゃんがちらっとあたしを見る。あたしはゲンちゃんの隣に並んでつぶやく。

「どうしてここに来たの?」

 ゲンちゃんは少し黙ったあと、ぼそっと口を開いた。

「この前お前、聞いただろ? 俺の親のこと」

「あ……うん」

 あたしの知らないおじいちゃんとおばあちゃんのこと。

「今日、お前のばあちゃんの命日なんだよ」

「え、知らなかった……」

 だっていままでそんな話、ゲンちゃんは一度もしてくれなかったから。

「そういえばあたし、おじいちゃんとおばあちゃんのお墓参りに行ったことないよ?」

「だって墓なんてないから」

「えっ、そうなの?」

「骨は海に撒いたんだよ。散骨ってやつ?」

 ああ、なんかそれ、聞いたことある。亡くなった人を火葬したあと、遺骨を粉のようにして海や山に撒くって……。

「うちの親、けっこう斬新だろ?」

 斬新っていうのかな、そういうの。

 あたしが黙っていたら、ゲンちゃんがふっと笑った。

「だからこの海のどこかにいるんだよ。お前のじいちゃんもばあちゃんも」

 なんだかあたしにはピンとこなかったけど、あたしの知らないおじいちゃんとおばあちゃんは、ゲンちゃんのお父さんとお母さんで、あたしのママの両親でもあるんだ。


 しばらくゲンちゃんと並んで立って、海をながめていた。あたしはゲンちゃんの隣で、少しだけママのことを思い出していた。

「あ、俺が死んだらさ」

 突然ゲンちゃんがあたしに言う。

「俺の骨も海に撒いちゃっていいよ」

「えっ」

 あたしは顔をしかめて隣のゲンちゃんを見上げる。

「どうしてそんなこと言うのよ」

「だって俺もお前も、いつかは死ぬだろ?」

「そうだけどさ……」

 そんなのはあたしにとって、まだまだずっと遠い先の話で……今まで考えたこともなかった。

「でもなんであたしなの?」

「俺の家族はお前しかいないから」

 あたしの胸がきゅっと痛んだ。でもすぐにあたしは言い返す。

「そんなことないでしょ? ゲンちゃんだっていつか結婚するかもしれないし、そうしたら奥さんができて、子どもも生まれるかもしれないじゃん」

「それは……たぶんない」

「どうしてよ?」

 ゲンちゃんはあたしのほうを見ないまま、小さく笑って言った。

「どうしても」

 ゲンちゃんの声と一緒に、波の音が聞こえた。なんだかあたしは寂しくなる。


「意味わかんない」

「わかんなくていいよ。お前は」

「なにそれ! 子ども扱いしないでよね!」

「だって子どもだろ」

 ゲンちゃんが笑って、そして腕をさすりながら背中を向ける。

「帰ろ。やっぱ寒いわ」

「えー? もう帰るの?」

「腹減ったから、なんか食いにいこう」

「なにそれー」

 ゲンちゃんがさくさくと砂の上を歩いていく。さくさく、さくさく……

 なんだか雪の上を歩いたあの日みたい。

 あたしはゲンちゃんに抱っこされたまま、その音を聞いていたんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます