ろうそくとショートケーキ 1

 上から二枚目のカレンダーをめくると、桜の花のイラストに変わった。あたしの部屋がぱっと明るくなる。

 あたしは三月が好きだ。だってあたしの誕生月だから。

「いろはー」

 日差しが少しあたたかくなった日曜日。ゲンちゃんがあたしを呼んでいる。

「いろはー、おーい、いろはー」

 ゲンちゃんは最近、あたしからふすまを開けるまで、勝手に部屋に入ってこなくなった。でもあたしが顔を出すまで呼び続けるから、やっぱりめんどくさい。

「なによ」

 不機嫌アピールの顔で、ふすまを開ける。スマホを持ったゲンちゃんがそこに立っていて、あたしに言う。

「お前、今日ヒマだろ?」

 ヒマとか決めつけるところが頭くる。

「ヒマじゃない。勉強する」

「そんなのあとでいいから。ちょっと公園まで行ってきてくれよ」

「公園? なんであたしが……」

 するとゲンちゃんがさらっと答えた。


「俺、コクられるかもしれないから」

「は?」

「なんか俺のこと好きらしいやつから、公園に呼び出されたんだよ。めんどくさいから、お前行ってきて」

「え、な、なんて言った、いま……」

「とにかく行ってきてくれ。よろしく」

 ゲンちゃんが軽く手を上げて、ささっとトイレに入ってしまった。

「ちょっ、ゲンちゃん!」

 急いで追いかけたけど、もう鍵が閉まってる。

 くそー、逃げたな。ゲンちゃんは答えたくないことがあると、トイレに鍵をかけてこもってしまう。この様子だと、いくらあたしが怒鳴っても、ドアを叩いても、きっと出てこないだろう。

 ほんと、めんどくさい大人だ。

 あたしは窓の外を見る。

『俺、コクられるかもしれないから』

 胸の奥がざわざわとうるさい。

 その人はもう公園にいるのだろうか。ゲンちゃんが行くまで、ずっと公園で待ち続けるのだろうか。

 ゲンちゃんに行く気がないならあたしが行って、「ゲンちゃんは急用で来れなくなりました」って伝えてあげなくちゃ。

「ゲンちゃんのバカ!」

 あたしはトイレのドアを足で蹴っ飛ばすと、上着をはおって外へ出た。


 空はよく晴れていた。風も少しあたたかくなっていて、早く春がくればいいのになって思う。

 あたしは速足で公園に向かった。ちょっと胸がどきどきする。

 あたしなんかが現れたら、きっとその人がっかりするだろうな。だってその人は、ゲンちゃんのことが好きなんだから。

 公園に着くと、今日は小さな子どもが何人か、親と一緒に遊んでいた。

 幼稚園くらいの女の子が砂場の近くで転んで、「ママー」と泣きながらお母さんに駆け寄っていく。お母さんはその子を抱き上げて、赤くなった膝をなでてあげている。

 あたしはぼんやりとそんな光景を眺めたあと、はっと思い出して周りを見回した。

 えっと、どの人なんだろう。どんな人なのか、聞いて来ればよかった。

 するとあたしは、ベンチに座ってスマホの画面をじっと見つめている、男の子の姿に気がついた。


「湊斗?」

 そこにいるのは湊斗だった。湊斗もあたしに気づき、目を丸くする。

「彩葉? どうしてここにいるんだよ?」

「あんたこそ……」

 あたしは言いかけて、「あーっ!」と声を上げる。

「もしかしてあんた、ゲンちゃんのこと呼び出した?」

「お、おう。なんで知ってるんだ?」

「あたしがゲンちゃんの代わりだから」

「な、なんでお前? 師匠来てくれねぇの?」

 湊斗が頭を抱える。

 なんだ、女の人じゃなかったんだ。ていうか、いつの間に連絡先交換したんだろう、このふたり。

「フラれたんだね」

「相談したいことがあったのにぃ……」

 湊斗はうつむいて、頭をぐしゃぐしゃとかき回している。あたしはちょっと湊斗に同情する。

「また漫画のこと?」

 前に湊斗が言っていたから。漫画家になりたいと思っているけど、親に反対されているって。

「あー、今日はそのことじゃないんだわ」

「イラスト描いてって、またおねだりしようと思ってたんじゃないの?」

「違うわ! もっと真面目なことだ!」

 湊斗がじっとあたしを見た。たしかに真面目な顔つきで。

「どんなこと? あたしでよければ聞いてあげようか?」

 すると湊斗はびくんっと肩を震わせて、立ち上がって言った。

「お前じゃダメなんだよ!」

 あたしはちょっとむっとした。

「なによ。せっかく相談にのってあげようと思ったのに」

「ゲンさんじゃなきゃダメなんだ! じゃあな!」

 湊斗が逃げるように、公園から出て行く。

「なんなのよぉ、どいつもこいつも」

 こんなことなら来るんじゃなかった。


 家に帰ると日の当たる場所で、ゲンちゃんがミルクをお腹にのせて転がっていた。

「ちょっと! ゲンちゃん!」

 あたしはそんなゲンちゃんを見下ろして怒鳴る。

「湊斗だったじゃん! 面倒だからって、あたしに頼まないでよね!」

 ゲンちゃんはうっすらと目を開けて、「で、何の用だった?」なんて聞いてくる。

「なんか相談があったんだって。あたしが聞こうかって言ったのに、ゲンちゃんじゃなきゃダメだって」

「ふうん」

「真面目なことだって言ってたよ。ゲンちゃんふざけてないで、ちゃんと話聞いてあげなよ。大人なんだから」

「わかったよ」

 ゲンちゃんがごろんと横向きになり、ずり落ちたミルクがあわててよじのぼっている。

「気が向いたら、そのうちな」

「もうー」

 湊斗のやつ、こんな人のどこがいいんだろう。



「最近湊斗くん、いろちゃんのこと、よく見てない?」

「え?」

 放課後、風花と廊下を歩きながら振り返る。教室の前で、固まって笑い合っている男子生徒。その中のひとりがこっちを見ていて、さっと顔をそむける。湊斗だ。

 公園で会ったあの日から、湊斗はずっとこんな感じなのだ。

「なんなの、あいつ。言いたいことがあるなら、はっきり言えばいいのに」

「また喧嘩したの?」

 風花があたしの隣でくすくす笑う。わざともう一回振り向いてやったら、湊斗があわててまた顔をそむけた。


 その日はゲンちゃんがバイトに行っていて、あたしはひとりで夕飯を食べていた。ナナちゃんがいたころは、ゲンちゃんがいなくてもふたりで食べられたけど、いまはひとりだ。

 だけどあたしはもう中学生だから、そんなの全然平気。ミルクもいるし。

 すると静かな部屋に、こんこんっと音がした。ちょっとビビって窓のほうを見ると、コートのフードを頭にかぶったゲンちゃんが、ガラス窓を叩いている。

「ゲンちゃん? 帰ってきたの?」

 首をかしげたあたしに、ゲンちゃんが手招きをする。あたしは膝にいたミルクを段ボール箱の中に入れてから、パーカーをはおって外へ出た。

「あれ……」

 屋上に出ると雪が降っていた。真っ暗な空から真っ白な雪が、かなりたくさん。

「もう三月なのにな。今日寒かったから」

 ゲンちゃんが腕をさするように両手を組んで、空を見上げる。

「そうだね……もう三月なのにね」

 春のようにあたたかいと思ったら、急に冬みたいに寒くなって……あたしの誕生月は不安定だ。


「彩葉さ……」

 空に向かって白い息をはきながら、ゲンちゃんがつぶやいた。

「誕生日……欲しいものある?」

「え……」

 あたしはちょっと驚いた。ゲンちゃんにそんなことを聞かれるとは思わなかったから。

 ママと暮らしているとき、あたしは誕生日を祝ってもらえなかった。ママは忙しかったから、娘の誕生日を忘れてしまったのかもしれない。

 ゲンちゃんと暮らし始めたころ、「お前の誕生日いつ?」って聞かれて答えたら、誕生日にコンビニのショートケーキと小さいろうそく一本を買ってきてくれた。あたしはそれだけで嬉しくてはしゃぎまくった。

 ろうそくをケーキに立てて吹き消した。「ずっとやってみたかったんだ」って言ったら、ゲンちゃんはまたライターで火をつけて、「何度でもやれよ」って言った。だからあたしは何回もそれを繰り返した。

 そうしたら次の年もケーキと一本のろうそくを買ってきてくれて、あたしはまた何回も吹き消した。いつの間にかそれは毎年恒例行事になり、ナナちゃんが来てからは一緒にお祝いしてくれた。

 実は、年齢の本数ろうそくを立てるんだってことをあたしは知らなくて、それを知ったときちょっとショックだったけど、まぁあたしたちはこれが「普通」なんだからいいかって気にしなかった。

 誕生日はそうやって過ごすのが当たり前で、「欲しいものある?」なんて聞かれたことはなかったのに。

「どうしたの、急に。ゲンちゃん、あたしになんか買ってくれるの?」

「気が向いたらな。高いものは却下」

「うーん、どうしようかなぁ」

 あたしは宝石みたいにきらきらと落ちてくる、夜の雪を見ながら考えた。ちょっと胸がわくわくした。

「考えとけよ」

「うん」

 ゲンちゃんが寒い寒いと腕をさすりながら、家の中に入っていく。あたしはそんなゲンちゃんの背中を見ながら思う。

 あの雪の日、ゲンちゃんに拾われなかったら……あたしは誕生日が嬉しいものと思えないまま、ずっと暮らしていたんだろうな。


 それから三日間考えて、あたしは誕生日に欲しいものを決めた。あたしの誕生日は二日後にせまっていた。

「ケーキが欲しい」

 あたしはゲンちゃんにそう言った。朝食のパンをかじっていたゲンちゃんは、手を止めて首をかしげる。

「お前……それじゃいつもと同じじゃん」

「うん」

「中学生になったんだから、べつのもんにすれば?」

「いいの」

 ゲンちゃんはあきれたような顔で言う。

「お前……ほんとケーキ好きだな」

 ケーキも好きだけどちょっと違うんだ。ゲンちゃんが買ってきてくれるケーキが、あたしは好きなんだ。

 だからやっぱりそれがいいって思った。他に欲しいものなんてなかったし。

 いつもと同じように過ごせれば、それでいいって思ったんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます